ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Puente de la Mujer - Wikipedia

ムヘール橋: Google map、ストリート・ビュー: 斜め横

ムヘール橋 (Puente de la Mujer)

ムヘール橋 (プエンテ・デ・ラ・ムヘール、スペイン語、女の橋) はアルゼンチン、ブエノスアイレスのプエルト・マデロ (Puerto Madero、マデロ港) 商業地区のドック 3 の 回転する歩道橋である。 これはカンチレバー・スパー・ケーブル固定橋 (Cantilever spar cable-stayed bridge) で、 旋回橋でもあるが、非対称の配置から少々異常である。 この橋には 1 本のマスト (スパー) があり、これに取り付けたケーブルが橋の一部を支え、 橋は水上交通を通すために 90度 回転する。 柱が船舶を通過させるために旋回する時、遠い端が固定用の柱で停止する。

ムヘール橋 ブエノス・アイレスにおける位置
  1. 歴史
  2. インスピレーション
歴史

橋はスペインの建築家 サンティアゴ・カラトラバ (Santiago Calatrava) によってデザインされ、 セビリアのグアダルキビール川にかかる 250 m の橋 (1992 年)、 及びカリフォルニア州レディング (Redding) でサクラメント川にかかる 213 m の橋と極めて類似した計画でデザインされたが、 これらの橋に見られるように、 後方を向いたカンチレバーではなく、前方を向いたカンチレバーである。 工事は 1998 年に開始し、2001 年 12 月 20 日に就任した。 この橋はラテン・アメリカにある 2 つしかないカラトラバの構造の 1 つである。 この建築家は、このデザインはタンゴを踊っているカップルの像の合成と述べた。

170 メートルの歩道橋は重さ 800 トン、 幅 6.20 m で、 長さがそれぞれ 25 m と 32.50 m の固定区間と、102.5 m の中間区間があり、 中間区間が白いコンクリート製の塔の上で、2 分未満で回転して、船舶を通過させる。 この中央区間は高さがおよそ 34 m の中身がコンクリートの鋼の 「針」 で支えられている。 「針」 は 39度 傾き、吊りケーブルを固定し、ケーブルが中央区間を支えている。 橋の東端のコンピューター・システムが必要な時に、回転機構を操作する。

カンチレバー・スパーの向こうの下に見える柱は
橋が開放した時の橋の固定場所。向こうに見える
船は博物館船の 「サルミエント大統領」。
夕暮れ
インスピレーション

プエルト・マデロの幾つかの通りには女性の名前が付いており、 ここから橋の名前が付いた。

橋は事業家のアルベルト L. ゴンザレス (Alberto L. González) が考え、 彼は建設費を寄付した。 およそ $600万 の経費がかかり、北スペイン、バスク州 (Basque County) の ビトリア=ガステイス市 (Vitoria-Gasteiz) の Urssa 鋼製造複合企業により製造された。

企業の執行役員 (business executive) のボブ・シュメッテラー (Bob Schmetterer) によると、 橋は元々のプエルト・マデロ・プロジェクトの一部ではなかった。 ブエノス・アイレスの広告会社の執行役員のジョルジョ・ヘイマン (Jorge Heymann) は プエルト・マデロの宣伝運動のために採用されたが、 彼の分析から、この場所の一大問題は公衆の意識の問題ではなく、アクセスであった。 ヘイマンが提案したことは、ランドマークとなる歩道橋で、 確かに宣伝運動よりもずっと高くつくが、もっと現実的で長続きするものであった。 開発者はその評価に同意し、橋を作った。