ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Temse Bridge (East Flanders) - Wikipedia

テムセ橋: Google map

人名の Boel のオランダ語の発音が次で聞けます。最初にスウェーデン語の 発音があり、その下にオランダ語の発音があります。ボールとカナ表記します。

Boel pronunciation: How to pronounce Boel in Swedish, Dutch

東フランダースはオランダ語で オースト=フランデレン州(Oost-Vlaanderen)となりますが、 このように表記すると関連が見えないので、英語の日本語訳を使用します。

テムセ橋 (東フランダース)
(Temse Bridge (East Flanders))

テムセ橋はテムセで スヘルデ川を横断している。 テムセは アントワープのおよそ 25 km (15 マイル) 南西にある小さな町である。 1955 年から 2009 年にかけて、 この 365 m (1,197.5 フィート) の橋はベルギーで最大であった。 古い橋は新しいスヘルデ橋にこの栄誉を奪われ、 新しい橋は古い橋に平行し、長さは 374 m (1,227.0 フィート) である。

平行なテムセ橋は多忙な時刻の交通
渋滞緩和のために 2009 年に開通
ベルギーにおける位置

テムセ橋はスヘルデ川が海に到達するまでの最後の橋である。 この地点より下流の道路横断はトンネルを使用している。

  1. 地形
  2. 歴史
地形

テムセ橋は道路橋で、川の北岸のテムセをボルネム (Bornem) に接続し、 車や自転車では南岸に着くのに 5 分かかる。 橋は N16 道路の一部で、この道路はセントニクラス (Sint-Niklass) からメヘレン (Mechelen) まで走っている。 川の南岸で橋は軟弱な地面の上を通り、東フランダースのテムセが管理する地域と アントワープ州 (Province of Antwerp) のボルネムの境界は川の中央である。 これが意味することは橋の全長の 50% 以上がボルネムに属することである。

歴史
渡し舟

橋がある前は、少なくとも 14 世紀以来、渡し舟があった。

鉄道橋と有料通路 1870 年 - 1940 年

テムセでスヘルデ川を横断した最初の橋は 1870 年 11 月 30 日に使用の準備ができた。 これはフランスの技術者の ギュスターヴ・エッフェルによりデザインされた。 エッフェルの 343 m (1,125.3 フィート) の橋は主に鉄道橋で、 メヘレンからテルネーゼン (Terneuzen) に至る路線を通していた。 しかしながら、鉄道線の両側に歩行者と家畜用の有料通路があった。 1872 年に通行料は馬一匹、あるいは牛一匹は 15 サンチーム、 人は 5 サンチーム、山羊一匹あるいはアヒル 2 羽は 3 サンチームに設定された。 世紀の終わりにかけて、自動車が街路に登場し始めたが、 車で川を横断したい者は上流のデンデルモンデ (Dendermonde) まで運転する必要があった。

1870 年と 1940 年の間の橋は鉄道橋で
両側に平行な有料通路があった。

橋は第一次世界大戦でひどく損傷した。 これは退却するベルギーの部隊が 1914 年 10 月に橋を利用できないようにしたからである。 しかし、これはドイツ軍によって修復された。 しかしながら、1918 年に橋を使用できないようにしたのは退却するドイツ軍であった。 橋は 1919 年につぎはぎが当てられたが。大規模な鉄道使用が可能となるまで復帰したのは 1924 年の 3 月であった。

2 つの世界大戦の間の 20 年間は経済発展の時期であった。 顕著であったのはボール造船所、で小さな町の重要な雇用者であった。 家族経営事業の所有者であるフランス・ボール (Frans Boel) は 1933 年にテムセ市長に選ばれ、 市長になる時に彼は橋に関しての大きな計画を携えていた。 ボールの提案はこの開口部を大きくして、造船所が橋によって課せられた船の大きさ制限に配慮せずに より大きな船を造ることであった。 1930 年には車の所有者が急増し、車が橋を使えるように橋を拡張する計画もあった。 少し後に、川の少し上流に (そして造船所の上流に) 全く新しい橋を建設する計画もあった。 しかしながら、戦争の勃発と 1940 年 5 月のドイツ軍のベルギーへの侵入がこれらの計画を全て無にした。

1940 年 5 月 18 日に、テムセ橋は戦術上の理由から、フランスとベルギーの部隊により爆破された。 1940 年から 1955 年の間は川の横断は渡し舟によっていた。

「古い橋」 1955 年から現在に至るまで

今日 (2015 年) では地元で 「古い橋」 と呼ばれている橋の工事が 1949 年 6 月 20 日に開始した。 車は今や優先事項であり、 今や 365 m (1,197.5 フィート) の道路橋は、 単線の鉄道、地方道路、歩行者/自転車 用の通路の造作を持ち、 1955 年 12 月 19 日の開通式で開通し、若い国王と ヘントの司教 (Bishop of Ghent) が開通式を取り仕切った。

1950 年代は造船所の爆発的な成長の 10 年であり、ますます大きくなるばら積み船に焦点が移った。 1940 年代末に作られた橋のデザインはこれを想定していなかった。 橋は川の最も深い場所で、中央可動区間を組み込み、 幅 30 m (98.4 フィート) までの船を収容できた。 1960 年代に船の最大幅を 50 m (164.0 フィート) まで増やす決定がなされた。 これの意味することは可動区間を以前のものより 20 m (65.6 フィート) 長いもので置き換えることであった。 しかし、構造の修正には限界があり、可動区間を重くせずにこれを実施することは不可能であったからである。 ボール造船所自身がこの工事を請け負い、重要な上級化が 1963 年に記録的な速さで実施された。

数十年後に説明されたことは、輸送される体積・重量が公的な予想を超え、 可動区間の重い可動部を交換することになった。 今度は、橋は 2 年間道路交通に閉鎖された。 1992 年に開始し、すでにしばしば詰まるアントワープやデンデルモンデのルートを経由せざるを得なかった。 しかしながら、この時点では、橋の容量を増やすことに関しては何もなされなかった。 橋は 1994 年 4 月 29 日に双方向に一車線で (単線の鉄道と 自転車/歩行者 用の通路とと共に) 再開通した。

1994 年以後、交通量が増大し続け、 橋の渋滞と遅延の悪名が高まり続けたが、 ブリュッセルの地方政府は解決を求める激しい要求に耳を貸さなかった。 最後に地方の公共事業大臣であるクリス・ペーテルス (Kris Peeters) は 2005 年に橋を 2 重化する決定をした、

「新しい橋」 2009 年から現在に至るまで

考えられて、拒否された選択肢には別のスヘルデ・トンネルをテムセに掘ることであった。 しかし、これは技術的に可能でないことがわかった。 既存の橋に余分に 1 車線を追加することも考えられたが、 これでは十分な道路容量がなく、橋を長期間閉鎖する必要があり、 1992 年 - 1994 年の橋の閉鎖時のものすごい遅延と迂回の 2 年間の記憶をよみがえらせた。 熟慮と計画の後に、象徴的な 「最初の石」 が 2006 年 10 月に定位置に設置かれ、 新しい平行な橋の工事が 2007 年 4 月に真剣に開始した。

新しいテムセ橋 (2009 年) を 2012 年に西から
眺める。古いテムセ橋 (1955 年) の鋼の格子の
枠組みが新しい橋を越えて見ることができる。

「古い橋」 とは異なり、2009 年のスヘルデ橋は鉄道軌道がない。 橋は追加の 2 本の道路車線があり、南向きの交通を通し、 1955 年の橋の 2 車線は北向きの交通に使用された。 1 本の自転車用通路と 1 本の歩行者用通路も頑丈な板張りの上にあった。 今では水上を横断する最長の橋の経費は €2350万 であった。 これは 2005 年に公表された見積もり €1600万 と比較された。

新しい橋と橋への短い接続路以外に 2009 年のプロジェクトには古い橋の下流側に 衝撃安全ガードを設置することも含まれ、 可動区間を支える橋脚を (従って、この後方にある新しい橋の橋脚も) 守ることになった。