ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Jernbanebroen over Limfjorden - Wikipedia

リムフィヨルド鉄道橋: Google map 3D アップされた写真

リムフィヨルド鉄道橋
(Jernbanebroen over Limfjorden)

リムフィヨルド鉄道橋 (Jernbanebroen over Limfjorden) はデンマークの浅い海峡である リムフィヨルドを横断する鉄製の鉄道橋である。 これは 1938 年 4 月 23 日に落成した。 2003 年以来、これが オールボー (Aalborg) とネレソンビユ (Nørresundby) の間の鉄道橋の公式名称である。 もっとも時には単に鉄道橋という。 かっては 「リムフィヨルド橋」 (Limfjordsbroen) と公式に呼ばれたが、 同名のリムフィヨルド橋と呼ばれる道路橋がある。 橋はオールボー・ フレゼリクスハウン線と ラナース・オールボー鉄道 (Randers Aalborg railway) を接続している。 これは単線で、最高速度が 60 km/h である。 9 スパンの橋は長さ 403 m (1,322 フィート)、幅 5.3 m (19 フィート) である。 これはバスキュール橋で、400 トンのカウンターウェイトがある。 橋は年間で 4000 回開放し、年間に 10,000 隻の船が橋を通る。 1997 年まで、橋は デンマーク国鉄 (DSB) に属していたが、この時 DSB は DSB と Banedanmark (ベイヌデンマーク、鉄道網デンマーク、保守会社) に分離した。 2012 年 3 月 28 日に、橋は船に衝突されて被害を受けた。 理由は無線通信の誤解であった。 橋は修理され、2013 年 4 月 29 日に再開通した。


リムフィヨルドを越える鉄道橋