ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Liberty Bridge (Bay City, Michigan) - Wikipedia

ラファイエット・アベニュー橋: Google map、 アップされた写真: その 1 その 2 (リバティ橋の開放)

リバティ橋 (ミシガン州ベイ・シティ)
(Liberty Bridge (Bay City, Michigan)))

リバティ橋はバスキュール型式の可動橋で、 米国ミシガン州ベイ・シティ (Bay City) にある。 橋はサギノー川 (Saginaw River) を横断し、(川の西岸の) バーモント・ストリートと (川の東岸の) ウッド・サイド・アベニューを接続している。 橋は 1986 年に建造された。

リバティ橋
歴史

リバティ橋はサード・ストリート橋 (3 番ストリート橋、Thired Street Bridge) -- これはリバティ橋のすぐ南にあって、ミッドランドとサード・ストリートを接続した小さな旋回橋 -- に取って代わった。 サード・ストリート橋はベイ・シティでサギノー川を横断する最初の橋であった。 橋は元々、ベイ・シティ橋梁会社 (Bay City Bridge Company) により木造の橋として建造された。 この上部構造は 1872 年に鉄と鋼で再建された。

リバーティ橋の先駆であるサード・ストリート
橋、後方に セイジ・ミルが見える、1918 年。
この橋は 1976 年に貨物船の衝突で崩壊。
今日、サード・ストリート滝公園
はかってのサード・ストリート橋
の位置を記している。
リバティー橋が高い船に開放、
2010 年

1976 年 6 月 18 日にサード・ストリート橋の旋回スパンが開放中に崩壊し、 橋のサービスを永久に中断することを余儀なくされた。 橋は前日の夕方に船舶に衝突されていた。 連邦政府の資金を得るためには新しい橋を 4 車線にすることが要求され、 4 車線の橋を建設するためには幾つかの歴史的な建造物を取り壊す必要があった。 その結果、リバティ橋は古い橋のすぐ北に建設され、 ウッドサイド・アベニュー (Woodside Avenue) とバーモント・ストリート (Vermont Street) を接続することになった。