ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lake Pontchartrain Causeway - Wikipedia

コーズウェイとは湿地帯などを通り抜ける盛土 (enbankment) を指すことがありますが、 水域を通る低い橋を指す場合もあります。ここでは後者の意味で使用されている。

ポンチャートレーン湖コーズウェイはバスキュール橋で 一ヶ所に可動部 (バスキュール・スパン) があります。

ポンチャートレーン湖コーズウェイの可動部: Google map (衛星写真) ストリートビュー

ポンチャートレーン湖コーズウェイ
(Lake Pontchartrain Causeway)

ポンチャートレーン湖コーズウェイは時々単にザ・コーズウェイと呼ばれ、 米国ルイジアナ州南部のポンチャートレーン湖を横断する 2 つの平行な橋から構成されるコーズウェイである。 2 つの橋の長い方は長さが 23.8 マイル (38.35 km) である。 コーズウェイの南の終端はニューオーリンズの郊外であるルイジアナ州メテリー (Metairie) にある。 北端はルイジアナ州マンデビル (Mandeville) にある。


ルイジアナ州メテリーにおける
コーズウェイの南端、1998 年

1969 年以来、世界で最も長い水上の橋として、ギネスの世界記録に登録されている。 2011 年に、より長いとされる中国の 青島膠州湾大橋の開通に呼応して、ギネスは水上の橋に 2 つのカテゴリーを作り、 「連続」 と 「全長」 の 2 つのカテゴリーを作った。 ポンチャートレーン湖は水上の最長の橋 (連続) となり、 一方青島膠州湾大橋は最長の橋 (全長) となった。

訳注
「全長」 と翻訳しましたが、原文は aggregate で、これだけでは意味が受け取りにくく、 この文書の最後の 「2011 年 7 月のレコード論争」 での説明から、ギネスは橋の両端間の距離を橋の距離としていると思われるため 「全長」 と訳しました。 川の橋の場合には橋の長さは両端間の距離で決めるのが普通で、その下が河川敷になっているか否かは不問にしていると思います。 これがギネスの考え方ではないかと思う。しかし、中国の橋の場合には中間の海底トンネルも橋の長さに含めているようで、 これは少し不自然だ。

橋は 9500 本のコンクリートの杭で支えられている。 2 つの橋にはバスキュール・スパンがあり、北岸から 8 マイル (13 km) 南にある 航行水路を横断している。

  1. 歴史
歴史

ポンチャートレーン湖を横断する橋の考えは 19 世紀初頭のマンデビルの創始者であるバーナード・ド・マリニー (Bernard de Marigny) にまでさかのぼる。 彼は渡し舟を始め、これは 1930 年頃まで続いた。 1920 年代の提案により、 複数の人工島を創設して、これを一連の橋で接続することが提唱された。 この計画の資金は島の宅地を売ることによっていた。 現代のコーズウェイは 1948 年から形を取り始め、この時アーネスト M. ローブ, Jr (Ernest M. Loeb, Jr) が計画を心に描いていた。 彼の運動と未来像により、ルイジアナ州議会は現在のコーズウェイ委員会 (Causeway Commission) を創設した。 ルイジアナ橋梁会社 (Louisiana Bridge Company) が形成されて橋を建設することになり、 この会社が今度はジェームズ E. ウォルターズ (James E. Walters) を任命してプロジェクトの指揮を取らせた。

元々のコーズウェイは 2 車線の橋で長さが 23.26 マイル (38.40 km) であった。 これは 1956 年に $3070万 の経費で開通した。 平行な 2 車線の橋で元の橋よりも 1/100 マイル (15 m) 長いものが 1969 年 5 月 10 日 に $2600万 の経費で建設された。

衛星写真 ポンチャートレーン湖コーズウェイ
で北に向かう。

建設以来、コーズウェイは有料橋として機能した。 1999 年まで、通行料はどちらの方向の通行からも徴収した。 南岸の渋滞を緩和するために、北に向かう橋での通行料の徴収は廃止された。 標準的な乗用車の通行料金はどちらの方向にも $1.50 であったが、 南に向かう交通に対してのみ、 北岸で $3.00 の通行料を徴収した。

ポンチャートレーン湖コーズウェイ
南向き
ポンチャートレーン湖

コーズウェイの開通により、小さな北岸の共同体の繁栄を押し上げ、 ニューオリンズ市内への運転時間を 50 分まで削減し、北岸をニューオーリンズの都市圏に組み入れた。 コーズウェイができるまでは、 セント・タマニー教区 (St. Tammany Parish) の住民は ルイジアナ州スライデルの近くにある US ルート 11 のマエストリ橋、 あるいは US ルート 90 のリゴレッツ橋 (Rigolets Bridge) を使用した。 もしくは西側の US ルート 51 を経由してマンチャック (Manchac) を通り抜けた。

2005 年 8 月 29 日のハリケーン・カトリーナの後で、 収集されたビデオにより橋の被害が分かった。 ザ・コーズウェイの下の嵐の波は I-10 ツイン・スパン橋の近く程高くなく、 被害の大半は U ターン場所に制限されていた。 全部で 17 スパンが失われた。構造的な基礎は無傷であった。 ザ・コーズウェイはどのようなハリケーンあるいは自然現象からの重要な被害をこうむることがなく、 コーズウェイではめずらしいことである。 存在した光ファイバーの装置は受け皿から吹き飛ばされていたが、 光パルス試験器 (optical time domain reflectometer, OTDR) の解析から無傷であることがわかった。 I-10 ツイン・スパン橋が深刻に被害を被っていたため、 ザ・コーズウェイは復旧チームが北側の土地に滞在して、ニューオーリンズに進入するための重要なルートとして使用された。 ザ・コーズウェイは最初は緊急車両に再開通し、次に 2005 年 9 月 19 日に通行料を課さずに一般交通に再開通した。 通行料はその年の 10 月中頃に再び徴収された。

ポンチャートレーン湖コーズウェイは全長が 5 マイル (8.0 km) 以上のルイジアナ州の 7 つの道路橋の 1 つである。 これ以外は、長さの順に、 I-55 のマンチャック沼地橋 (Manchac Swamp bridge)、 I-10 のアチャファラヤ・ベイスン橋 (Atchafalaya Basin Bridge)、 ルイジアナ道路 1 の橋 (Lousiana Highway 1 Bridge)、 I-10 のボンネット・ケア・スピルウェイ橋 (Bonnet Carré Spillway Bridge)、 US 90 のチャカフーラ沼地橋 (Chacahoula Swamp Bridge)、 I-10 のポンチャートレーン・ツイン・スパンと I-310 のラブランチ・湿地橋 (LaBranche Wetland Bridge) がある。 マエストリ橋は全長でこれに近接するが、 全長で 2/10 マイル短く、およそ 4.8 マイル (7.7 km) である。 ルイジアナにはノーフォーク・サザン鉄道ポンチャートレーン橋 (Norfolk Southern Lake Pontchartrain Bridge) もあり、 これは 5.8 マイル (9.3 km) もあり、 米国で最長の鉄道橋である。

マンチャック沼地橋 (ポンチャートレーン湖の西端にある) の南端は I-10 ボンネット・ケア・スピルウェイ橋 (ポンチャートレーン湖の南西の端にある) の西端で、 ラブランチ湿地橋北端は I-10 ボンネット・ケア・スピルウェイ橋の東端である。 従って、これらの 3 つの橋は名ばかりで、実際は隣接する 1 つの橋である。 連続した高架橋の全ドライブ距離は 38 マイル (61 km) 以上ある。

2011 年 7 月のレコード論争

何十年もの間、ポンチャートレーン・コーズウェイは水上で世界最長の橋としてギネス世界記録に登録されていた。 2011 年 7 月に中国の 青島膠州湾大橋 がギネスにより 「水上の世界最長の橋」 として指名された。 当時、米国には論争があり、かってのレコード保持者であるポンチャートレーン湖コーズウェイはギネスに同意せず、 なお自分自身を最長であるとした。 このように主張したのは、自分自身の定義 -- すなわち 青島膠州湾大橋 は水上で 25.9 km (16. 1 マイル) であるが、 ポンチャートレーン湖コーズウェイは水上 38.28 km (23.79 マイル) -- に基づいていた。 青島膠州湾大橋を建設した山東高速グループは海の横断部の長さは実際は 25.171 km (15.641 マイル) であると主張した。 にもかかわらず、ギネス世界記録は青島膠州湾大橋の長さは 42.6 km (26.5 マイル) と述べ、 これには同じ青島膠州湾接続計画に含まれる市内の両端の陸上部分や海底トンネルなどの長さも含まれる。

2011 年 7 月に、 ギネスは水上の橋に 2 つのカテゴリー -- 連続 (continuous) と全長 (aggregate) -- を作った。 ポンチャートレーン湖は水上の最長の橋 (連続) で、 一方青島膠州湾大橋は水上の最長の橋 (全長) となった。