ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Charles River Bridge (Commuter Rail) - Wikipedia

チャールズ川橋: Google map (衛星写真) 3D、 ストリートビュー: 船の上から

チャールズ川橋 (通勤鉄道)
(Charles River Bridge (Commuter Rail))

チャールズ川橋は通り抜けトラス橋で、一枚リーフのローリング・リフト型式の バスキュール橋 2 基から構成され、 チャールズ川を横断し、 マサチューセッツ州 ボストンのノース駅とマサチューセッツ州北部の MBTA (Massachusette Bay Transportation Authority、 マサチューセッツ湾交通局) の 通勤鉄道 (複数) を接続している。

チャールズ川橋が閉鎖状態で
列車が通る。
チャールズ川橋の位置
  1. 歴史
  2. デザインと建設
歴史

現在のノース駅に近い鉄道橋はボストン・ローエル鉄道 (Boston and Lowell Railroad) が 1835 年に開通して以来存在していたが、現在の橋は 1931 年以来のものであり、 この時チャールズ川の航行水路が、かってのルートから北に 300 フィート移動し、 ノース駅のプラットフォームが北に延伸することが可能となった。 かっては、橋は木造の架台 (trestle) によってノース駅に接続されていたが、 1984 年 1 月に焼け落ち、 すべての列車が 15 ヶ月間、川の北の一時的な駅で停車することを余儀なくされた。

デザインと建設

これらの橋はイリノイ州シカゴのケラー & ハリントン社 (Keller & Harrington) によりデザインされ、 ペンシルバニア州フェニックスビル (Phoenixville) のフェニックス橋梁会社により建設された。 どちらの橋も 629 米トン (571 トン) のコンクリート製の上部カウンターウェイトを使用している。 元々、橋は 4 基あったが、 2 基しか残っていない。