ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Glebe Island Bridge - Wikipedia

グリーブ・アイランド橋: Google map、フォト・スフィア:

グリーブ・アイランド橋 (Glebe Island Bridge)

グリーブ・アイランド橋は使用されていない旋回橋で、シドニー、ポートジャクソンのロゼル湾 (Rozelle Bay) にかかっている。 この橋はロゼルとピアモントを道路で接続し、この形式の橋でオーストラリア及び世界に残っている最後の旋回橋の 1 つである。


グリーブ・アイランド橋
グリーブ・アイランド橋
横断箇所ロゼル湾
材料
全長107.75 m
15 m
最長スパン58 m
スパン数3
歴史

ピアモント橋とブラック・ワットル沼地 (Black Wattle Swamp) を横断する橋の工事により、 インナー・ウェスト (内西郊外、Inner West suburb) への移動時間が短くなり、 農産物をシティーに輸送することが容易になった。 ジョンストン湾 (Johnston Bay) の場所が、それ以前に使用されていた潮が高くなると狭くなる場所よりも、 より大きな畜殺場として宣伝された。 新しい畜殺場は 1860 年 1 月に開所し、ピアモントへの短距離を横断するためにパント船 (punt, 平底で端が四角く、さおで進む船) を利用した。 1860 年に最初のグリーブ・アイランドへの橋の建設が始まった。


ブラックバット橋

元々のグリーブ・アイランドの橋
ブラックバット橋
横断箇所ジョンストン湾
材料タスマニアの
ブラックバット
全長319 m
8.5 m
最長スパン12 m
スパン数27
訳注
ブラックバット (blackbutt) はオーストラリアの数種のユーカリ属の木の総称で、 幹の下の部分が燃えた木に似ている。

グリーブ・アイランド橋は電動の旋回橋で、1903 年に開通し、 これはダーリング・ハーバーを越えるピアモント橋の開通の一年後のことで、 デザインが類似していた。 橋は 「ニューサウス・ウェールズ公共工事局」 (New South Wales Public Workds Department) のパーシー・アラン (Percy Allan) によりデザインされ、彼はピアモント橋のデザインもした。 通常の操作で、 2 基の 29.1 メートル (95 フィート) の旋回スパンが中央の垂直な軸の周りで回転した。

橋は隣接するアンザック橋 (Anzac Bridge) が開通した 1995 年 12 月 2 日に閉鎖し、 永久に開放状態となり、歩行者や自動車が利用できなくなった。 2008 年まで、毎年 10 月に開催されるスプリング・サイクル (自転車レース) で、橋を動かしてコースに入れていた。

橋は 1989 年以来 「オーストラリア歴史遺産データベース」 (Australian Heritage Database) に登録されている。 2009 年、構造評価で橋が 「とても貧弱な状態」 であることが発見され、 2013 年 4 月に新報告で橋が更に劣化したことがわかった。 シドニー市議会と地元の複数のグループが運動して、州政府に橋を修復して、 歩行者・自転車用に再開通することを要望した。 「ACIL Allen コンサルティング社」 がニュー・サウス・ウェールズ州の交通に関して橋の選択肢の 費用効果報告 (cost-benefit report) を 2013 年 9 月に発表した。 2015 年にホワイト・ベイ (White Bay) の再開発の 1 部として、 橋を 「シドニー軽鉄道」 の延長に再利用することが提案された。