ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wasauksing Swing Bridge - Wikipedia

ワソークシング旋回橋: Google map、 ユーザーがアップした写真: その 1 その 2 その 3 その 4

wasauksing の発音: How to pronounce Wasauksing - Forvo

ワソークシング旋回橋
(Wasauksing Swing Bridge)

ワソークシング旋回橋 ジョージア湾の狭い水路であるサウス・チャンネル (South Channel) にかかっている。 この水路は本土のローズ・ポイント (Rose Point) と 一般にパリー島 (Parry Island、ワソークシング・ファースト・ネイション (Wasauksing First Nation)) と呼ばれる島の間の狭い水路で、 オンタリオ州パリー・サウンド町の近くにある。


ワソークシング旋回橋は赤い点でマーク
され、鉄道軌道は実際の橋から画面
の右端まで随分ととりのぞかれている。
訳注
パリー島の位置、以下登場するデボット・ハーバー (港) は現在はゴーストタウン。

橋は 「オタワ、アーンプライア & パリー・サウンド鉄道」 (Ottwa, Arnprior and Parry Sound Railway) によって建設され、デポット・ハーバーへの鉄道接続を提供した。 橋は時々昔の名前の 「ローズ・ポイント旋回橋」 で呼ばれる。

一基の橋がこの場所で 1887 年 (別の情報源では 1888 年) に建設され、 1912 年に現在の構造で置き換えられた。 二つの塔がある 「ローズ・ポイント駅」 が本土側でこの橋にすぐ隣接する箇所にあった。

橋は鉄道専用に建設されたが、後に改造されて、 鉄道と車両交通の両方に使用された。 鉄道事業が終了し、軌道が 1989 年に取り除かれた。 橋は現在、一車線の車両通行に使用され、ボートを通過させるために、 今なお定期的に開放している。 (橋の) 両端には停止灯があり、交通を交互通行に規制することと、 (遮断機と共に) 橋が開放された時の保護を与えている。 橋は 「ワソークシング・ファースト・ネイション」 の唯一の道路接続で、 島にある多くの夏のコッテージにとっても同様である。 側道も橋の一方の側に追加された。

1997 年に橋はアンダーグラウンド・サービス社 (Underground Service Ltd., 1983 年) の修復を受けた。 (陸上の) 時速 5 km の制限速度が橋を通る船舶に 1998 年に課せられた。