ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Clay Street Bridge - Wikipedia

クレイ・ストリート橋: Google map、 ストリートビュー: 橋の上 斜め横。

クレイ・ストリート橋 (Clay Street Bridge)

クレイ・ストリート橋はパセーイク川にかかる橋で、ニュージャージー州でニューアーク市とイースト・ニューアークを 接続している。 この旋回橋はニューアーク湾の河口から 13 番目の橋で、河口から 6.1 マイル (9.8 km) 上流にある。 この橋は 1903 年に開通した通り抜け ウォーレン・トラス形式のリム・ベアリング旋回橋であり、 1975 年 - 1976 年に随分と修復された。 元々の動作部分は今や、ニューアーク博物館の収集品の一部である。 この橋はニュージャージー州の歴史登録財に登録され (ID#5153)、 国の歴史登録財として適格である。

訳注
リム・ベアリング旋回橋に関してはブリッジ・ストリート橋の訳注を参照のこと。
クレイ・ストリート橋 位置

90 マイル (140 km) のパセーイク川のダンディー・ダム (Dundee Dam) 下流の 17 マイル (27 km) は 潮の影響を受け、航行可能である。 クレイ・ストリート橋は 1889 年の錬鉄製の橋を置き換えるために建設された。 これは市内で動作する 3 基の車両・歩行者用の旋回橋の 1 基で、 他の旋回橋はジャクソン・ストリート橋ブリッジ・ストリート橋である。 1898 年以来、可動橋の規則により、橋を開けるには 4 時間前に通報する必要がある。 これはあまりしばしば起きている事ではない。

クレイ・ストリート橋は、その東端で 「クラーク製糸会社歴史地区」 (Clark Thread Company Historic District) に進入するが、川はいまだに、産業、製造、流通で使用されている。 西端ではロウアー・ブロードウェイ (Lower Broadway) と呼ばれるニューアークの近郊に入る。 米国工兵隊はパセーイク川下流の復元と修復 (restoration and rehabilitation) を実施しており、 これには環境改善と護岸の再建が含まれている。

2012 年にニュージャージー州輸送局は橋の再建のために資金を割り当てた。 2014 年現在、ノース・ジャージー輸送計画公社 (North Jersey Transport Planning Authority) は複数の郡と協力の下に地方構想開発 (LCD, Local Concept Development) 研究 -- 橋の劣化と構造の欠陥を処理する初期段階 -- を実施している。 橋はその寿命からもはや決められた保守をすることができない。 2015 年に、橋を交換することが好ましい選択であると決定された。 費用はおよそ $7000万 である。