ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bethells Bridge - Wikipedia

ベセルズ橋: Google map ストリートビュー

ベセルズ橋 (Bethells Bridge)

ベセルズ橋はイングランド、ヨークシャー州のイースト・ライディング (East Riding) の ドリフフィールド水路にある旋回橋である。 運河の新区間が作られた時に、切り離された土地にアクセスするためにこの橋が建設された。


新しい旋回橋の新しい夜明け
  1. 位置
  2. 歴史
位置

この橋はヘムホルム (Hempholme) の小さな集落の近くにあって、 ドリフフィールド水路を横断し、横断点の南にはストランチオン・ヒル水門があり、 北にはエモットランド (Emmotland) がある。 ブランズバートン (Brandesburton) からの小さな通りでバーズヒル (Burshill) を通り抜けるものが、 この橋に至る唯一の公共の道路である。

ドリフフィールド水路における位置

歴史

1803 年 - 1811 年の水路の改良時期にストランチオン・ヒル (ストランチオン丘) の周りのハル川 (River Hull) の大きな蛇行をバイパスするために新水門の掘割 (cut) が建設された。 リチャード・べセル氏 (Mr. Richard Bethell) はレーベン運河を所有し、 この掘割を取り巻く土地も所有し、自分の土地にアクセスするために橋が必要であった。

ウィリアム・チャップマン (William Chapman) は工事を実施し、旋回橋 (の使用) を決定した。 これは水路の他の場所と同様であったが、掘割が川の流れを収容するために広く作られていたため、 固定区間を使用して開口区間の大きさを小さくした。

レンガの基礎を持ち、端が丸くなった鋳鉄製の板が建設された。 これを鋳鉄製の軸の上に置き、構造を安定させるために 4 つの車輪が付けられ、 車輪は丸い鉄の軌道の上に設置された。 橋の主要な構造は木 (おそらくオーク) で建造され、 構造を保つために鋼の強化材が付いていた。


元々の鋳鉄製の車輪の 1 つ、
取り除く前

同時に橋の管理人の家が建設され、スウィング・ブリッジ・コッテージ (Swing Bridge Cottage) と呼ばれた。 ドリフフィールド水路で交通が減少した時に、橋の管理人はもはや必要でなくなり、 家は空き家のままになった。 1970 年代初頭にコリン・アトキン (Colin Atkin) がここを占有し、 家を修理・改良して、ここで家庭を持った。

定期的な保守がなくなり、橋は 1950 年代に劣化し始めていた。 木材が反り、1960 年代末のある時期に操作できなくなった。 1978 年の寒い 12 月の晩に、一台の大きなトラックが橋を横断し、橋を危険な状態にした。 この橋は農場に貢献するミルク・トラックの重要な接続であり、 しかも地元農家の他の農産物輸送の近道であったため、 (地元農家の) ロットシー・カー農場 (Rotsea Carr farm) のリチャード・サウスウェル (Richard Southwell)、 ハンツ・ヒル農場 (Hunts Hill farm) のマイク及びベン・サウスウェル (Mike and Ben Southwell) (以上全て兄弟)、 ストランチオン・ヒル農場のキース・コナー氏 (Mr. Keith Conner) は コリン・アスキンとドリフフィールド水路アメニティー協会 (Driffield Navigation Amenities Association) の他の会員共々に橋を交換・修理する助けをした。

この頃、ベセルズ橋ボート・クラブ (BBBC, Bethells Bridge Boat Club) も設立され、 1979 年に最初の年次総会 (AGM) を開いた。 BBBC は橋の上流の堤防沿いのベン・サウスウェルの土地を係留場所に使用した。 後に、他の農家も堤防沿いの土地を係留場所に提供し始め、 そのため、この地域には今や多くのボートが係留されている。

レンガ構造と橋の基礎を改良するために、1980 年代初頭に、構造に工事が実施された。 1980 年代後半に、更なる工事が橋の固定部に実施され、 手すりと多くの橋の床が交換された、これは腐りかけていたのである。

ドリフフィールド水路トラストは、 当時の水路の管理者で、スウィング・ブリッジ・コッテージの立ち退き要求をする決定をした。 コリン・アトキンは、なお住んでおり、住み続けることもできたが、 水路の修復を信じ、立ち退いた。 現在、コッテージは資金を作るために貸し出されている。

1990 年代後半には木造の固定区間を配慮する必要があった。 この場所は鋼の構造で置き換えられたが、路面は木造のままにした。

2001 年 ? に、新しい鋼の橋梁がブリガム橋 (Brigham Bridge) のために建造された。 不幸なことに、これは上を通過する交通には小さすぎ、数年間建設場所に放置された。 2003 年 3 月に、この橋梁はベセルズ橋の完全構造を置き換えるために使用され、 固定区間の路面も新しい鋼製のものとなった。設置したのはドリフフィールドのシンプソン土木工事 (Simpson Civil Engineering) であった。

訳注
ベセルズ橋の 3 km 程上流にブリガムの地名があり、ここにもハル川を渡る橋があります。 恐らく、これがブリガム橋です。
新しい橋を定位置に持ち上げる。 東岸から橋を見る。

ボート乗りに取り、橋へのアクセスは、橋の管理人が最早いないため、問題となった。 橋の上流にも下流にも係留場所がなく、乗組員はしばしば橋のそばで降りる必要があった。 2006 年に DNAA により、桟橋が橋の上流に建設され、橋を操作することが容易になった。

水面における橋の影は パーチ (Perch) と パイク (Pike) の群れを引き寄せている。