ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Struncheon Hill Lock - Wikipedia
ストランチオン・ヒル水門 (Struncheon Hill Lock)

ストランチオン・ヒル水門 (Struncheon Hill Lock) はイングランド、ヨークシャのイースト・ライディングにおける ドリフフィールド水路の後世の追加として建設された。 これは潮が低い時に、水路の次の区間への接続を改善し、 (下流の方から数えて) 最初の水門である。 この水門は時々「トップ・ヒル・ロー」(Top Hill Low) と呼ばれるが、 これは、ここにある大きな揚水所の名称である。

水門が一杯
べセル橋ボート・クラブ
下層の隔室の導水路 (sluice)
後ろに揚水所が見える
訳注
Google map: ストランチオン・ヒル水門
  1. 場所
  2. 歴史
場所

ヘムホルム (Hempholme) の小さな村落の近くにあって、 べセル橋 (Bethells Bridge) のおよそ 0.75 マイル (1 km) 南にある。 この場所に行くには、ヘムホルムからの歩行路 (footpath) によるか、 トップ・ヒル・ローの浄水場 (waterworks) を経由する。浄水場は自然保護区でもある。

ドリフフィールド水路における位置
歴史

1803 年 - 1811 年の水路の改良の時に、 Struncheon 丘のまわりの、ハル川の大きな蛇行を迂回するために新しい掘割と水門が建設された。

ウィリアム・チャップマン (William Chapman) は工事の面倒を見ていたが、 水門を水路の他の水門と同じ大きさに建造し、 収容できる船舶を長さが 60 フィート (18.2 m) とし、幅を 14 フィート 6 インチ (4.4 m) にした。 これはヨークシャー・キールの標準として知られているものである。 しかしながら、更に調査すると、より大きな船舶用に建造されているように思われ、 2009 年に Michael Askin は長さが 71.5 フィート (21.5 m) の 王族クラス・ナロー・ボートのビクトリア (Royalty Class Narrow Boat Victoria) で水門を通過しようとした。 しかしボートは上流方向に適合しただけで、 水位が低かったため、上流ゲートのシルを越えることができなかった。

水門は元々 1 つの水門として建造された。 しかしスネークホーム水門と同じように、 潮が低い時には、下流ゲートのシルを越える十分な深さがなかった。 そこで第二の隔室が追加された。 隔室の水を抜くために、水門の壁の一つに穴が開けられ、 木製の導水路 (sluice) が使用された。 下流の水門は上流の水門を空にすることで満水にした。

元々、ゲートはオークの木で作られ、パドル・ギアはハンドスパイクで操作するものであったが、 上流のゲートに関してはヨークシャー・ウォーターは異常な鋼のゲートに交換した。 ヨークシャー・ウォーターは排水と給水の理由から水路の世話をしていたのである。 ゲートは開閉するためのバランス・ビームの代わりに複雑な歯車のシステムが装備され、 開けるためにはウィンドラスが必要であった。 パドルは堰の仕切のようにデザインされ、開けるのに何度も回転しなければならなかった。

堰が水門の箇所に建設され水深を制御した。 上流ゲートが交換されたのと同じころに堰が交換され自動的に制御されるものとなった。 堰の横には小さな建物があり、水深計と堰の制御システムが格納されていた。 元々、この建物にはガラスの窓があって、 中をのぞいて水深が記録されているロール紙を見ることができた。 今では蛮行 (vandalism) の理由から、レンガの壁で覆われてしまった。

堰は有名な釣り場で、 パーチ (perch)、 ガジョン (gudgeon)、 パイク (pike) がいる。

最下部のゲートはドリフフィールド水路アメニティー協会が 1982 年に交換し、 これにはバランス・ビームがついていた。 コストに譲歩して、ネジ形式のパドルが使用された。

水門のすぐ下に蒸気動力の揚水所が建設されて、排水を川にくみあげた。 ある時点で、蒸気エンジンはディーゼル・エンジンにかわったが、 ボイラーは放置された。 終に取り壊されたのは 1980 年代の後半である。