ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Snakeholme Lock - Wikipedia
スネークホーム水門 (Snakeholme Lock)

スネークホーム水門は 隔室がレンガ製の運河の水門で、 イングランドの ヨークシャーのイースト・ライディングのドリフフィールド水路にある。 注目に値することはこれが 階段水門であることであるが、 (現在は) 上層の水門しか使用されていない。

スネークホーム水門
長期間の閉鎖後に復元
階段水門の下層の隔室
訳注
Google map: スネークホーム水門
  1. 場所
  2. 歴史
場所

スネークホーム水門はワンスフォード (Wansford) 村から南東に 0.5 マイル (0.8 km) にあり、 キングストン・アポン・ハルの中心部からおよそ 17 マイル (27 km) 北にある。

ドリフフィールド水路における位置
歴史

水門は 1767 年の議会法によるドリフフィールド水路の建設中に建造された。 これは新しい運河の区間に到達したときの最初の水門で、 水路の潮汐の限界点であった。 水門の下方部の上部に 旋回橋があり、 これによりヨークシャー・キールがマストを低くしなくても通れるようになっていた。

新しい水路を使用した定期交易が開始すると、 水位の低さに目が留まるようになった。 ハル川の潮は急な曲りや狭い区間の理由から簡単に川を遡上しなかった。 そのため、定常的に、下流側ゲートの シル以上の十分な水位がなかった。 この問題を補正するために、 新しい隔室が水門の下に作られ、階段水門となった。 この水門はボートを下流側のシル以上にするために必要なだけであったため、 ボトム水門の落差は最小限のものであり、満足できる春の潮や川の水位が高いときには 必要がなかった。 導水路 (sluice) が隔室の側面に作られ、これにより排水した。 満水にするときには上部の水門の水を使用した。

1803 年 - 1811 年の水路の改良時に、 新しい水門がストランチオン・ヒル (Struncheon Hill) に建造され、 スネークホーム水門の水位が恒久的に上昇し、 これ以後、下流の隔室が使用されたことは あり得なかったことであろう。

交易が水路で衰退した。 しかし最後の幾つかの貨物はワンスフォードの水車工場にあてたもので、 運河の他の部分よりはもう数年間、水門が存続することになった。 1967 年に水門に赴いたところ、水門は航行できないが、 ほどよい状態であることが判明した。

ある時点で、旋回橋は固定した橋で置き換えられた。

ドリフフィールド水路アメニティー協会 (Driffield Navigation Amenities Association) による 時々の作業から、 1980 年代を通じて、植物に関しては最悪のことが避けられた。 しかし助成金があったのは、ようやく 2002 年のことで、 これにより水門が動作可能な状態に戻った。 水門を排水したときに、 元々の旋回橋の回転台の鋳物が泥の中に見つかり、 歴史的興味から保存された。

2003 年 4 月 18 日にドリフフィールド市長が開通式を挙行した。 何隻かのボートがワンスフォードのトラウト・パブ (トラウト = trout, マス) まで航行した。 しかし泥が多いことと、水門のすぐ上にマスの養殖場があるため、 この区間を利用できるボートの数には上限があった。 上流ゲートのパドルは現在は誤使用を防ぐために鍵がかけられている。