ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lefty O'Doul Bridge - Wikipedia

レフティ・オドール橋: Google map、 ストリートビュー: 北から見る 3D

固定トラニオン方式のバスキュール橋と思われます。

レフティ・オドール橋 (Lefty O'Doul Bridge)

レフティ・オドール橋は (「サード・ストリート橋」 とも 「チャイナ・ベイスン橋」 (China Basin Brdge) とも呼ばれ) サンフランシスコのチャイナ・ベイスンの近くとミッション湾 (Mission Bay) の近くを接続する可動橋で、 サード・ストリートを通し、ミッション川水路 (Mission Creek Channel) を横断している。 橋は AT&T パークのすぐ隣である。

AT&T パークから見た橋 橋の位置

橋は 1933 年に開通し、1966 年に有名な野球選手 レフティ・オドールの栄誉を讃えて改名された。

橋は 5 車線を通している。 通常の場合には、最も東側の 2 車線は北向きの交通を通し、 最も西側の 2 車線は南向きの交通を通し、 中央の車線は可逆車線 (reversible lane) である。 近くの AT&T パークのイベントの前後と最中に、最も東側の 2 車線は車両に閉鎖され、 歩行者に優先的に使用され、 一方残りの最も東側の 2 車線は可逆 (reversible) である。

橋は 1985 年のジェームズ・ボンドの映画 007 美しき獲物たち (A View to a Kill) の追跡シーンで登場した。

橋は 1976 年のクリント・イーストウッドの映画 ダーティハリー 3 (The Enforcer) の話の筋で重要な点になっている。

橋はドウェイン・ジョンソン (Dwayne Johnson) とアレクサンドラ・ダダリオ (Alexandra Daddario) 主演の 2015 年の映画 カリフォルニア・ダウン (San Andreas) にも登場した。

橋を持ち上げるための
コンクリート製のカウンターウェイト