ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Slauerhoffbrug - Wikipedia

スラウエルホフ橋: Google map、 アップされた写真: その 1 その 2

スラウエルホフ橋 (Slauerhoffbrug)

スラウエルホフ橋はオランダ、レーワルデン市 (Leeuwarden) にある完全自動なバスキュール橋 (別名、しっぽ橋) で、 この橋は 2 本のアーム (腕) を使用して、道路の 1 区間を道路内で旋回させて、 定位置に設置したり、取り外ししたりしている。 この可動橋は 「スラウエルホフ橋、空飛ぶ可動橋」 (Slauerhoffbrug 'Flying' Drawbridge) とも呼ばれている。 中心となるデザイナーは Emile Asari であった。


スラウエルホフ橋
河川交通のために上昇

しっぽ橋は (蝶番ではなく) 1 つの塔から、素早く、効果的に上昇・下降することができる。 この俊敏さから、道路交通をほんのわずかに停止させる間に、水上交通を通過させている。

路面は 15 m × 15 m であり、黄色と青に塗られ、レーワルデン市の旗と紋章の代表である。

訳注
レーワルデン市の
紋章

スラウエルホフ橋はリーワルデン出身のオランダの詩人である J.J. スラウエルホフにちなんで名付けられた。

スラウエルホフ橋が
降下状態
スラウエルホフ橋が
上昇中