ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

St. Claude Avenue Bridge - Wikipedia

セント・クロード橋: Google map 3D ストリートビュー

セント・クロード・アベニュー橋
(St. Claude Avenue Bridge)

セント・クロード・アベニュー橋はバスキュール橋で、ルイジアナ州ニューオーリンズの産業運河 (Industrial Canal) にかかる 4 車線の橋である。 この橋は元々、鉄道橋と道路橋の組み合わせで、リフト・スパンの中央の二車線を鉄道が使用し、 両側を自動車が使用した。 もはや鉄道がなく、鉄道の場所は追加の車両用の車線となった。 双方向の車線がトラスの中を通り抜け、トラスの外側に一車線ずつある。 橋は 「産業運河水門」 (Indusctrial Canal Lock) の構造と一体化され、 水門の隔室の川側にある。 橋は水上交通が水門に出入りする時に持ち上げられる。


セント・クロード・アベニュー橋

アッパー・ナインス・ウォード (上 9 番区、Upper Ninth Ward) は バイウォーター (Bywater) のような近隣を含み、橋の上流側にあり、 ロウアー・ナインス・ウォード (下 9 番区、Lower Ninth Ward) は橋の下流側にある。

2005 年のハリケーン・カトリーナ襲来による堤防決壊の余波で、 多くの人々は橋の上で洪水から避難した。 ひどく氾濫したロウアー・ナインス・ゲートの人々は 橋を利用して、橋の川上の乾いた高台に行った。 嵐の後数か月間、橋はロウアー・ナインス・ウォードとそれ以外のニュー・オーリンズ間の唯一の開かれた直接ルードであった。


2005 年 10 月に、 ハリケーン・カトリーナ襲来によるロウアー・ナインス・ウォード
の堤防決壊による惨状から橋への進入が制限された。