ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

India Point Railroad Bridge - Wikipedia

インディア・ポイント鉄道橋: Google map 衛星写真 (3D)

インディア・ポイント鉄道橋
(India Point Railroad Bridge)

インディア・ポイント鉄道橋はシーコンク川 (Seekonk River) にかかっていた旋回橋で、 ロード・アイランド州プロビデンス市のインディア・ポイントとイースト・プロビデンス市のワチェモケット (Watchemoket) を接続していた。 これが最後に使用されたのは 1974 年で、 2001 年に旋回スパンが取り除かれ、 2 つの固定トラス・スパンが残っているのみである。

旋回スパンの光景
インディア・ポイント・パークから
イースト・プロビデンスの方を向く。
ロード・アイランド州
における位置
  1. 歴史
  2. 除去
歴史

元々の構造は 1835 年にトーマス・ハサード (Thomas Hassard) により、ボストン・プロビデンス鉄道のために建設された覆い橋であった。 彼はロング・トラスの発明者であるスティーブン H. ロング大佐 (Colonel Stephen H. Long) の指導を受けた。 これは米国で始めて建設された州間鉄道の橋として有名であった。 橋には手動の可動部があり、 2 つの部分が橋のイースト・プロビデンス側にあった。 船を通すために、東側の部分を北に移動し、西側の部分を空いた場所に移動した。 可動部は 1858 年に回転テーブル (turntable) の上に設置したもので置き換えられ、 38 フィート (12 m) のすき間が提供された。 1866 年に橋脚が信頼できないと思われ、既存の橋に隣接する新しい橋の工事が始まり、 新しい橋は少なくとも 60 フィート (18 m) の開口部があるものであった。 この橋はハウ・トラス (Howe truss) を使用し、ダニエル・ハリス (Daniel Harris) とリチャード・ホーキンズ (Richard Hawkins) によって建設された。 ホーキンズはニューイングランド南部でこのデザインの特許を持っていた。 1868 年 2 月 20 日に、試験が成功し、主軌道が翌日に新しい橋に接続された。

1882 年に鉄の旋回区間が手動の旋回区間に取って代わった。 これによりおよそ 38 フィート (12 m) の水路が提供された。 しかしながら水路が曲がっていたため、通過が困難であった。 覆い橋の残りの部分が 1902 年にボストン・ブリッジ工場 (Boston Bridge Works) によって、 鋼の旋回スパンに置き換えられ、およそ 80 フィート (24 m) の水路が提供され、 可動部が 1885 年のワシントン橋 [訳注:この橋のすぐ北にある道路橋] の駆動部に揃えられた。 最後に鉄の旋回区間が 1903 年に固定したポニー・トラス (pony truss) で置き換えられた。 これらのどちらの区間も、既存スパンの周りに建設され、 鉄道交通も水上交通も邪魔をしないようにした。 ピーク時には列車は橋を平均して 4 分間隔で横断できた。

訳注
ポニー・トラスに関しては、トラス橋トラス橋/路面の型式を参照してください。
除去

橋は 1974 年まで操業され続けた。 橋の閉鎖後は米国沿岸警備隊 (coast guard) は橋が航行に危険であると断定した。 沿岸警備隊は一年以内に橋を取り除くか、照明を取り付けなければ一日ごとに $1000 の罰金を科すと プロビデンス市をおどした。 締め切りが過ぎたが、沿岸警備隊は 1993 年までに至るまで、罰金を科すことを遅らせた。 この時、橋を取り除くために連邦政府の資金が利用可能になった。 計画では連邦政府と市は互いに $250,000 を支払うことになった。 1986 年と 1996 年の水資源法はどちらも、橋の除去計画を認めたが、 これらの計画も同様に実を結ぶことがなかった。

2000 年 12 月 18 日にプロビデンス市議会 (Providence City Council) は橋を連邦政府に移管することを承認した。 米国工兵隊は橋を適切に処理することを実証できる組織に橋を与える、と宣伝した。 どこからも申し込みがなく、取り壊しが 2001 年 10 月に開始することになった。 この時までに除去費用が $668,690 に増え、 工兵隊と市の間で公平に分担することも同意された。 2001 年 12 月末に旋回スパンは取り壊された。 最後のステップは旋回区間を支えた直径 34 フィート (10 m) のコンクリートの台を取り除くことであった。 2014 年 5 月現在ではイースト・プロビデンス市の 2 基の固定トラス区間が残るのみとなった。


残ったトラス、2014 年