ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Michigan Avenue Bridge - Wikipedia

ミシガン・アベニュー橋: Google map 3D

ミシガン・アベニューはミシガン大通と訳されますが、 ミシガン・アベニューは元々広い道ではなかったので、ミシガン大通と訳してしまうと都合の悪いことがおきます。

ミシガン・アベニュー橋
(Michigan Avenue Bridge)

ミシガン・アベニュー橋 (公的にはデュー・サーブル橋 (DuSable Bridge)) はバスキュール橋で、 ミシガン・アベニューを通し、米国イリノイ州シカゴのダウンタウンでシカゴ川の本流を横断している。 橋は 20 世紀の初頭に提案され、シカゴの南側の公園と北側の公園を大通 (grand boulevard) で接続する計画の 1 部であった。 橋の建設は 1918 年に開始し、1920 年に開通し、装飾的な工事は 1928 年に完成した。 橋は車両と歩行者の通行を 2 層で提供している。 これは固定トラニオン・バスキュール橋の 1 つの実例で 「シカゴ型式のバスキュール橋」 とも呼ばれている。 橋はミシガン - ワッカー歴史地区 (Michigan - Wacker Historic District) に含まれ、 シカゴ市ランドマークに指定されている。


西から見たミシガン・アベニュー橋

この場所はシカゴの初期の歴史に重要である。 市の過去の出来事は橋の上の彫刻と銘板に記念され、 マッコーミック・ブリッジハウス & シカゴ川博物館 (McCormick Bridgehouse & Chicago River Museum) -- 橋の管理人の家の 1 つに収容されている -- の展示物がシカゴ川の歴史を詳細に述べている。

  1. 位置
  2. 名前
  3. 歴史
  4. デザインと操業
  5. 飾り
  6. マッコーミック・ブリッジハウスとシカゴ川博物館
位置

ミシガン・アベニュー橋は南北に配置され、 シカゴ川の本流にかかり、シカゴの コミュニティ・エリア ニア・ノース・サイド (Near North Side) とループ (Loop) を接続している。 橋の北の入口はリグレー・ビルディング (Wrigley Building) とトリビューン・タワー (Tribune Tower) の間のマグニフィセント・マイル (Magnificient Mile) の脚部にある。 橋の南の入口はミシガン・アベニューとワッカー・ドライブ (Wacker Drive, 道路名) の交差点にあり、 ロンドン・ギャランティー・ビルディング (London Gurantee Building) と 333 ノース・ミシガン (333 North Michigan) により見下ろされている。 近辺の橋は東のコロンブス・ドライブ橋と西のウォバッシュ・アベニュー橋がある。

訳注
  1. リグレー・ビルディングもトリビューン・タワーも Google map にカナ表記してあります。
  2. マグニフィセント・マイル (壮大な 1 マイル) はミシガン・アベニューのシカゴ川から北のオーク・ストリートまでを指す。
空から見た橋、ミシガン・アベニューに沿って
南を見る。1945 年 (左) と 2008 年 (右)
訳注
上の左の写真で、右側に見える高層ビルがロンドン・ギャランティ・ビルディングで 左側に見えるのが 333 ノース・ミシガンです。

橋は歴史的に重要な場所にある。 橋の北の端はジャン・バプティスト・ポワン・デュー・サーブルの宅地跡 (Jean Baptiste Point Du Sable Homesite) の一部で、パイオニア・コート (広場) の 「国の歴史的ランドマーク」 の銘板 (National Historic plaque) により記念されている。 橋の南半分はフォート・ディアボーン (ディアボーン砦、Fort Dearborn) の遺跡を通り越している。 砦は 1803 年に建設され、ロンドン・ギャランティ・ビルディングの入口の上部の大きなレリーフにより記念されていて、 橋の南側の側道に設置された真鍮のマーカーが元々の丸太防塞 (まるたぼうさい、blockhouse) の輪郭を表している。

名前

この場所の歴史的重要性は橋の名前を変更する幾つかの提案の基礎に使用された。 1921 年にシカゴ歴史協会は橋をマルケット・ジョリエ橋 (Marquette-Jolie Bridge、Jolie は Jollie とも綴られている) と命名することを提案し、 1939 年には橋をフォート・ディアボーン橋に改名することが提案された。 これらの提案は採用されなかった。

2010 年 10 月に橋はシカゴの最初の永住者であるジャン・バプティスト・ポワン・デュー・サーブル を讃えデュー・サーブル橋と改名された。

彼はアフリカ人の子孫の毛皮商人で ポタワトミ族の人と結婚し、 1780 年代にシカゴ川の河口の近くに永続的な家屋敷と交易所を設置した。

歴史

シカゴの北側と南側の公園を接続する大通りは早くも 1891 年に提案されていた。 初期の計画では川の南のミシガン・アベニューと川の北のパイン・ストリート (現在のミシガン・アベニュー) をトンネルで接続することが考えられた。 1903 年に シカゴ・トリビューン (Chicago Tribune) の社説はミシガン・アベニューの新しいバスキュール橋で川を横断することを提案した。 他の計画では橋はセーヌ川を横断する アレクサンドル 3 世橋のレプリカとすべきと提案したり、 あるいは全く新しい橋を建設するよりは既存のラッシュ・ストリート橋 (Rush Street Bridge) を 2 階建てにすべきだとの提案もあった。 大通りとミシガン・アベニュー橋の建設計画はダニエル・バーナム (Daniel Burnam) の 1909 年のシカゴ計画では 更に念入りになった。 1911 年に採択された案に含まれていたことは、 ミシガン・アベニューをランドルフ・ストリート (Randolph Street) から (北へ向かって) 川まで拡幅し、 ラッシュ・ストリート橋をミシガンアベニューの新しい橋で置き換え、 二階建ての道路をパイン・ストリートに沿ってオハイオ・ストリートまで建設することであった。 建設の資金繰りをする条例が 1913 年に通過したが、 イリノイ州の最高裁で無効になった。 第二の条例が 1914 年に通過し、法的な闘いが 1916 年の終わりまで継続した。 建設は終に 1918 年 4 月 15 日に開始し、橋は 1920 年 5 月 14 日の公的な式典で開通した。

訳注
ラッシュ・ストリートは現在のミシガン・アベニューのすぐ西の通りなので、 ラッシュ・ストリート橋はこちらの方に向いていた。

バーナムとベネットの 1909 年のシカゴ計画
で提案されたミシガン大通と橋。
グラント・パークから北を見る。

橋は 「ミシガン - ワッカー歴史地区」 に貢献する資産の一つで この歴史地区は 1978 年 11 月 15 日に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録された。 これは 1991 年 10 月 2 日にシカゴ市ランドマークに指定された。 2009 年に橋の側道と欄干は交換され、橋は再塗装された。 新しい装飾的な欄干のデザインは元々の 1920 年の橋の欄干のデザインに基づき、 後に交換された実用的なものの代わりになった。

デザインと操業

ミシガン・アベニュー橋は二枚リーフの二階建ての橋で、カウンターウェイトのついた固定トラニオン・バスキュール橋である。 橋はシカゴ公共工事局技術部 (Chicago Department of Public Works, Bureau of Engineering) によって設計された。 エドワード H. ベネット (Edward H. Bennett) が助言建築家 (consulting architect) で、 ウィリアム A. マルケィヒー (William A. Mulcahy) が建築の主任技術者であった。 建設時には、かって建設された二階建ての橋の中で、どちらの路面にも道路がある最初の橋と思われた。 より速い非商用の交通は上層を使用し、より遅い商用の交通は下層を使用し、下層を使用して川の近辺の産業とドックに貢献した。

橋の各リーフは橋の軸に沿って、二つに分かれ、二つの平行な橋として機能し、 互いに独立に操作できる。 建設時にはシカゴ川にかかる橋は船舶によりしばしば衝突され、 この二重の配置により、このような衝突で被害を受けた橋を開放して修理することができ、 橋を交通に完全に閉鎖する必要がなかった。 カウンターウェイトは一階の路面レベルよりも低く、 橋が開放するとカウンターウェイトは 40 フィート (12 m) の深さの鉄筋コンクリートの立穴 (tailpit) に振れ落ちる。 2 つの立穴 (tailpit) のどちらも 9 本の円筒形の基礎橋脚で支えられている。 この橋脚の 1 つは岩盤に沈み込み、川の水面下 108 フィート (33 m) に到達し、 他の 17 本の橋脚は硬土層 (hardpan) まで沈められ、これは水面下 80 から 90 フィート (24 から 27 m) に到達していた。 川の南側では 「シカゴ・トンネル会社」 の貨物トンネルの 1 つは立穴に余地を与えるために、 ルートを変えなければならなかった。 カウンターウェイトは部分的にコンクリートで、 部分的にリベット打ちしたコンクリートの合材である。 4 個あるカウンターウェイトの各々は 1,595 米トン (1,447 トン) である。 ミシガン・アベニュー橋は鋼で作られている。

橋台と橋の管理棟 (bridge tender house) の表面はベッドフォード石 (Bedford stone, 石灰岩の一種) で作られている。 管理棟は 4 棟ある: 北西と南東の管理棟 (bridgehouse) には橋を開けるための制御装置があり、 北東と南西の建物は全く装飾的なものである。 108 馬力 (81 kW) のモーターが各々 3,750 米トン (3,400 トン) の橋のリーフを開閉する。 元々、橋には 1 日 24 時間、人が詰めて年間で 3000 回開放して船を通したが、 1970 年代以来、橋の持ち上げは春と秋に予定され、この時、橋は週に 2 度持ち上げられ、 帆船によるミシガン湖と内陸のボート置き場の間の通行を可能にさせ、 帆船は冬にはボート置き場に保管される。


ミシガン・アベニュー橋は春と秋に週に 2 度持ち上げられる。
飾り

1928 年にシカゴの歴史を描いた彫刻が橋の 4 つの管理棟の外壁に追加された。 北側の管理棟の彫刻は ウィリアム・リグリー・ジュニア (William Wrigley, Jr) に依頼され、ジェームズ・アール・フレイザー (James Earle Fraser) により制作された。 発見者たち (Discoverers) に描かれたのは ルイ・ジョリエ (Louis Joliet)、 ジャック・マルケット (Jacques Marquette)、 ロベール=カブリエ・ド・ラ・サール (René-Robert Cavelier, Sieur de La Salle)、 アンリ・ド・トンティ (Henri de Tonti) 。 開拓者たち (The Pioneers) に描かれたのは ジョン・キンジー (John Kinzie) が荒野でグループを引き連れているものである。 南側の管理棟の彫刻は B. F. ファーガソン・モニュメント財団 (B. F. Ferguson Monument Fund) により依頼され、ヘンリー・へリング (Henry Hering) により制作された。 防衛 (Defense) は 1812 年の ディアボーン砦の戦いのシーンで、ジョージ・ローナン少尉 (Ensign George Ronan) を描いている。 復活 (Regeneration) は 1871 年のシカゴ大火のあとで、労働者がシカゴを再建しているのを描いている。

橋の管理棟の彫刻、左から右へ
発見者開拓者防衛再生

橋には 28 本の旗竿も飾られ、通常は米国、イリノイ州およびシカゴ市の旗を掲揚している。 特別な場合には他のバンナーも表示される。

マッコーミック・ブリッジハウスとシカゴ川博物館

西南の橋の管理棟 (ブリッジハウス) は博物館に転換されている。 これはロバート R. マッコーミック (Robert R. McCormick) -- かっての シカゴ・トリビューンの所有者で、シカゴ衛生地区 (Chicago Sanitary District、現在の都市下水処理場) の長 -- にちなんで名付けられた。 マッコーミック財団は博物館設置経費 $950,000 を提供する助けとなった。 博物館は 「シカゴ川友の会」 (Friends of Chicago River) によって運営され、 シカゴ川とこの橋の歴史を展示している。 訪問客は橋の装置室に入ることが許されている。 春と秋の橋の持ち上げの最中に、訪問客はリーフの昇降時に装置が動作するのを見ることができる。 博物館が小さく、階段が狭いため、一度に 79 名までが博物館に入館できるのみである。


ブリッジハウス博物館の入口