ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Point Street Bridge - Wikipedia

ポイント・ストリート橋: Google map、 ストリートビュー: 橋の上 横。

この橋は旋回橋です。

ポイント・ストリート橋 (Point Street Bridge)

ポイント・ストリート橋は可動橋で、 ロード・アイランド州のプロビデンスのプロビデンス川を横断し、 ポイント・ストリートをジュエリー地区 (Jewelry District) からカレッジ・ヒル (大学丘) の麓のウィッケンデン・ストリート (Wickenden Street) まで通している。

ポイント・ストリート橋 ロード・アイランド州における位置
歴史

この場所の最初の橋は 1872 年に建設された。 橋は長さ 249 フィート (76 m) の旋回スパンと 2 つの長さ 145 フィート (44 m) の進入スパンから構成されていた。 1907 年に各進入スパンは 3 基の厚板ガーダー・スパン (plate-girder span) に分割され、 新しい花崗岩の橋脚と橋台で支えられた。 しかしながら資金が不足し、旋回スパンを交換するのに不十分で、長さが単に 284 フィートに増大した。

現在の橋はこの場所における 3 番目のものである。 これも旋回橋で 1927 年にボストン橋梁工場会社 (Boston Bridge Works Inc.) により建設された。 橋は最早可動ではなく、ポイント・ストリートの交通の横断用に定位置に固定されている。 これが最後に旋回したのは 1959 年であった。 ポイント・ストリートの下流に 1966 年に完成した フォックス・ポイント・ハリケーン障壁 (Fox Point Hurricane Barrier) は旋回性能を無効なものとした。 というのは障壁は、この橋がする以前に大型船が上流に遡上するのを妨げたからである。

訳注
フォックス・ポイント・ハリケーン障壁 はハリケーンなどによる高潮と洪水を防ぐためのもので、 橋のすぐ下流にある。
ポイント・ストリート橋からのストリート・ビュー