ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Government Bridge - Wikipedia

この橋は旋回橋です。本文中では旋回橋の用語が登場せず、旋回区間 (swing span) がある橋として説明されています。 多くの旋回橋と同様に、長い橋の一部が旋回する。

ガバンメント橋: Google map フォト・スフィア ストリートビュー

ガバンメント橋 (政府橋、Government Bridge)

ガバンメント橋あるいはアースナル橋 (兵器庫橋、Arsenal Bridge) は ミシシッピ川にかかり、イリノイ州ロック・アイランド (Rock Island、岩島) とアイオワ州ダペンポート (Davenport) を接続している。 これはミシシッピ川上流の河口から 483 マイル地点にあり、 ミシシッピ川の水門・ダム No.15 (Lock and Dam No. 15) に隣接している。 現在の構造はこの場所における 4 番目のもので、 水門を航行する交通を通すために旋回区間が含まれている。 道路面の上に鉄道の複線の軌道があり、橋としては異常な造作である。


ガバメント橋
(クリックして見える画像は動画になっています。)

この場所の元々の橋は 1856 年に完成し、ミシシッピ川を横断する最初の鉄道橋であった。 この橋は南部への脅威となった。 南部は太平洋とセント・ルイスに至る南ルートの鉄道を作ろうとしており、 南部の蒸気ボートはシカゴとの鉄道の競争に直面した。

歴史

1850 年代に建設された最初の鉄道は現在の橋のおよそ 1500 フィート (460 m) 上流にあって、 ミシシッピ川にかかった最初の鉄道橋であり、 南北戦争と最初の大陸横断鉄道に至る道標で重要な役目を演じた。

橋はシカゴ・ロックアイランド鉄道 (Chicago and Rock Island Raiload) と、 アイオワ州の最初の鉄道としてトーマス C. デュラントによって提案された新規のミシシッピ・ミズーリ鉄道 (M&M) を接続し、ダベンポート (Davenport) とカウンシル・ブラッフス (Council Bluffs) を接続した。 ミシシッピ川で蒸気ボートを操業していた複数の会社は橋に反対し、 橋が航行の危険になり、 交易における彼らの独占を変えることを恐れた。

橋がかってアームストロング砦があった島を横断したため、 戦争省 (Department of War) は建設に意見を述べることもできた。 (もっともアームストロング砦は 1845 年に閉鎖されていた)。 将来の南部同盟の大統領となる ジェファーソン・ディヴィス (Jefferson Davis) は フランクリン・ピアース大統領 (President Franklin Pierce) の下で戦争大臣 (陸軍長官、Secretary of War) であったが、 当初は橋の建設を認めていた。 これは大陸横断鉄道が南部を通ってカリフォルニア州ロサンゼルスに行くと考えたからであった。 しかしながら、抵抗が表面化し始めると、ディヴィスは橋に反対した。 これは太平洋横断鉄道が北を通り抜けることを恐れたからであった。 ディヴィスは建設を中止することを命令したが無視された。

ディヴィスは運がなく、法廷は彼に同意せず、 橋は建設されて 1856 年 4 月 22 日に開通した。

橋は急流の中の困難な場所に建設され、 可動スパンは流れと角度を持っており、蒸気ボートが通り抜けるうえで橋が困難になった。 多くの人は、蒸気ボートに干渉するために橋が意図的に建設されたと感じた。 1856 年 5 月 6 日に、 蒸気ボートのエフィー・アフトン (Effie Afton) が橋と衝突した。 これは外輪の 1 つが停止した後のことであった。 乗組員は救助されたが、蒸気ボートに火が付き、橋を損傷して沈没した。 蒸気ボート会社が橋の取り壊しを求めて訴えた。 M&M とロックアイランド鉄道は (弁護士の) エイブラハム・リンカーンを採用して橋を守った。 訴訟は最高裁判所まで持ち込まれ、 南北戦争の最中の 1862 年に橋が有利となる判決が下った。 その間に、M&M とロックアイランド鉄道は合併してシカゴ・ロックアイランド & パシフィック鉄道となった。 デュラントは M&M が合併して、 ユニオン・パシフィック鉄道と呼ばれる会社になった時に利益を得た。 リンカーンは私的な弁護士としての調査の際に、M&M の施設とカウンシル・ブラッフスの M&M の色々な職員と面会をした。 1862 年の太平洋鉄道法 (Pacific Railway Act) によりリンカーンが大陸横断鉄道の東のターミナルを決定する権限を得た時に、 彼はかっての顧客に最も都合のよい場所を選んだ。 裁判はまもなく不一致陪審 (hung jury) となり、却下された。 米国最高裁判所は 1862 年 12 月に、その後の訴訟の判決を下し、 橋は操業できる状態のままとなった。

最初の橋は 1866 年までしか続かなかった。 この時点で鉄道が運ぶ荷はますます増え、橋が不適切になった。 橋はもっと重い木製の構造で置き換えられたが、元々の橋脚は再利用した。 今度は 1872 年に、この構造が 2 階建ての橋で置き換えられ、 この橋は単線の鉄道と分離した道路を通した。 この橋はアースナル島 (兵器庫島、ロックアイランドのこと、Arsenal Island) の西端の新しい場所に移り、 元々の橋と鉄道は見捨てられた。 移転は連邦政府が進め、 連邦政府は島をまだ所有し、これを兵器庫として開発することを望んだ。 元々の橋と鉄道は島を 2 分し、 この開発の制約を取り除くために橋を島の西端に移動した。 連邦政府は鉄道によるアクセスのために、この橋を共同利用し、 現在の橋の名前になった。


時計塔ビルディング (ビルディング 205) からの
全体の光景、北北東のアイオワ州ダベンポートを見る (Ceronie 撮影)
訳注
ガバメント橋のロックアイランド側に時計塔がある。現在は工兵隊 (US Army Corps of Engineers) の建物。
時計塔 (Google earth)

現在のガバメント橋は、この近辺でミシシッピ川を横断する 4 番目のもので、 1896 年に建設され、1872 年の構造と同じ場所で、同じ橋脚を使用している。 これも 2 層の路面構造で、 鉄道 (上層) と道路 (下層) を通し、 鉄道の軌道を 1 本から 2 本に増やし、鉄道輸送のネックを緩和した。 これはラルフ・モジェスキー (Ralf Modjeski) によりデザインされ、フェニックス橋梁会社 (Phoenix Bridge Company) により建設された。


ガバメント橋はアイオワ州ダベンポートとイリノイ州ロックアイランドを接続

最初の橋で残されているもの全ては、 アイオワ州側のリバー・ドライブ (道路の名前) の西の盛土の進入路と、 アースナル島の再建された橋脚である。