ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Reedham Swing Bridge - Wikipedia

リーダム旋回橋: Google map ストリートビュー

ストリートビューから、この橋は常時開放状態にあって、列車が通る時に閉鎖されるようです。

リーダム旋回橋 (Reedham Swing Bridge)

リーダム旋回橋はビクトリア時代の旋回橋があった場所にあり、 イングランド、ノーフォーク州リーダムでまだ使用されている。

リーダム旋回橋 ノーフォーク州における位置

この橋はノリッジ (Norwich) とローストフト (Lowestoft) の間でヤー川 (River Yare) を横断し、ウェリー鉄道 (Wherry railroad) を通し、 リーダム鉄道駅の近くにある。

元々の単線軌道の橋は 1840 年代にサー・サミュエル・モートン・ピート (Sir Samuel Morton Peto) により依頼され、ウェリー・ボート (wherry boat) を通せるようにした。 ウェリー・ボートは非常に背が高いので普通の橋では下を通り抜けることができなかったのである。 現在の橋は 1902 年 - 1903 年に作られたもので、複線化される前のものである。

訳注
ウェリー・ボート (wherry boat) は場所によって、違いがあり、ここで述べていることはノーフォーク・ウェリーのこと。 ノーフォーク・ウェリーにも変遷があるようですが、例えば次のような船です。 (Nofolk wherry)

橋は 1904 年製のリーダム旋回橋信号箱 (Reedham Swing Bridge signal box) で操作される。 典型的な年には 1300 回開放する。