ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Trowse Bridge - Wikipedia

トロウズ橋: Google map 衛星写真

トロウズ橋 (Trowse Bridge)

トロウズ旋回橋は単線の鉄道橋で、 グレート・イースタン本線を通し、 英国ノリッジ (Norwich) のすぐ外でウェンサム川 (River Wensum) を横断している。


トロウズ橋、
ウェンサム川で上流を見る。

橋は元々 1845 年にジョージ・パーカー・ビダー (George Parker Bidder) により建設され、1905 年に再建され、 1986 年に再び再建された。 多くの旋回橋と同様に、最初に構造が油圧ジャッキで持ち上がり、 次に回転して河川交通を通過させる。 橋は川の交通で信頼性のなさから問題 -- 開けることができない -- を引き起こした。

1845 年の橋、除去時 1905 年の橋、新しく設置

注目すべき点は、この橋は頭上架線で電化した軌道 (25 kV 50 Hz) を通す英国で唯一の旋回橋であることである。 他の実例には米国の北東回廊に見いだされる; 例えばポータル橋 (Portabl Bridge) とイスタンブールの 金角湾 (Golden Horn) を横断するガラタ橋 (Galata Bridge) がある。 電力の列車への供給は電線ではなく頭上誘電レール (overhead conductor rail、 剛体架線式) で、橋の両側の固定進入区間には短い頭上誘電レール区間がある。 橋の上ではどちらの方向にも 40 mph (64 km/h) の速度制限があり、 ここは列車のノリッジ駅への到着直前か、出発直後の場所である。

橋はトロウズ信号箱の場所であり、これはホウィッテンガム・ジャンクション (Whitlingham Junction) からシェリンガム (Sheringham) に至るビターン線 (Bittern Line) の大半を制御している。 ビターン線は 2000 年に信号を再設置し、いくつかの機械的な信号箱が閉鎖され、 制御がトロウズに移動した。 もっともこれが本当の改良であるか否かは議論の余地がある。 というのは雷雨の最中に幾つかの深刻な故障があり、 これにより業務の完全停止もしくは部分停止が起きたからである。 原因は水平横断のために、標準的な軌道回路の代わりに、高周波パルスを使用するシステムであったからである。 信号の再設置によりトークン (token) で制御されていた単線本線の幾つかの区間の 1 つが終了した。 信号の再設置により、 クローマー信号箱 (Cromer Signal box) -- 現存するミッドランド & グレート・ノーザン共同鉄道 (Middland and Great Northern Joint Railway) の現存する最後の実例 -- が退役した;しかしこれは博物館に保管されている。

建設

ノリッジに進入する電化鉄道の現在の単線鉄道はヨーク (York) に本部を置く、 英国鉄道の東地区 (Eastern Region) によりデザインされた。 主要請負業者はノリッジのメイ・ガーニー社 (May Gurney Ltd.) で、 彼らは土木工事の請負業者でもあった。 バッタリー・エンジニアリング会社が製造業者、機械請負業者、電気請負業者であった。

橋を製造し、完全な試験組立と回転試験をしたのは、 バッタリー・エンジニアリング会社の 「ブリッジ・ヤード」 (The Bridge Yard) の作業場で、これはダービーシャー州リプリーのバッタリー・ヒルにあり、1986 年のことであった。 橋は工事現場に配送され、 1986 年 11 月から 1987 年 1 月までの冬期間に設置された。

旋回橋の区間は、およそ 26 m (85 フィート) の長さで、 中心のずれた回転軸受けと吊り下げ式のカウンターウェイトの箱が付いていた。 回転橋全体は 354 英トン (300 トン) の重さで、これはカウンターウェイトを含んでいた。 カウンターウェイトはほとんど 90 英トン (91 トン) の切断されたレールから構成され、 委託工事の最中に正確にバランスをとることに使用された。 旋回橋は回転の中心でバランスを取り、 4 基の主要持ち上げジャッキに、等しい荷重を与えることが必要であった。 1987 年 2 月に、橋の最終的な設置と委託試験の最中に、 圧力センサー (electronic load cells) により、 正確に 4×100 英トン (精度 ±0.5%) になるようにした。

(橋は) ノリッジ市の 3 基の進入スパンと主要旋回スパンから構成される。 旋回橋は 4 基の主要ジャッキで 300 mm (12 インチ) ほど持ち上がる。 主要ジャッキは回転穴の中の頑丈な部分枠に搭載されていた。 旋回橋が持ち上がると、固定スパンから離れ、 地上のレールのスカーフ・ジョイントから離れ、 頭上の誘導レールが離れる。 誘導レールは旋回橋の進入スパンはガントリー (鉄道をまたぐ構造) に設置されていた。 橋の回転は主要な環状軸に対する 2 基の油圧モーターで提供されており、 これは Robello により製造されたものである。 旋回橋の区間は平坦になるように建設され、 他の多くの橋のようにかまぼこ型には作られていない。

訳注
スカーフ・ジョイント (scarf joint) とは端面が重なりあうように切断し、つなぎ合わせたものです。

古い複線の中央回転の橋は新しい橋の設置・試行時には業務についていたが、 最後にレールが新しい橋の方に向けられた。 1987 年の 2 月末の古い橋の閉鎖と除去は河川交通の閉鎖中に実施され、 橋を交換するための河川交通の閉鎖は英国議会の特別な法律で許可された。