ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Keadby Bridge - Wikipedia

キードビー橋: Google map、 ストリートビュー: 可動部の手前 (東端) 可動部の内部 横から 斜め横から

キードビー橋 (Keadby Bridge)

キードビー橋は、もっと正式にはキング・ジョージ 5 世橋と呼ばれ、 イングランド、リンカーンシャー州オルソープ (Althorpe) とキードビーの近くでトレント川を横断している。 橋はアルフレッド・チャールズ・ガードナー FRSE MIME によりデザインされた。

訳注
キードビー橋 キードビー橋
上流の東岸から
歴史

リンカーンシャー州のエコー紙 (Echo, 週刊の新聞) の報道することろでは: 新しい橋を横断する最初の客車はオルソープ駅を 1916 年 5 月 21 日の AM 10:35 に出発した。 列車はメクスバラ (Mexborough) のハーバート・デューク (Herbert Duke) が運転し、サー・サム・フェイ (Sir Sam Fay) が招待したバーネットビー (Bernetby) の Joshua Slowan が列車に乗っていた。 彼は古い橋を横断した最初の客車の運転手であった。

このシェルツァー・ローリング・リフト橋はトレント川を横断する道路交通も鉄道交通も通している。 橋はグレート・セントラル鉄道 (Great Central Railway) により 1912 年から 1916 年にかけて建設され、 サウス・ヨークシャー鉄道 (South Yorkshire Railway) により建設されて 1864 年に開通した旋回橋の代わりになった。 橋の南側には複線の鉄道軌道があり、北側には 2 車線の A18 道路がある。

キードビー橋
オルソープ駅から見る。
キードビー持ち上げ橋の銘板
1916 年 5 月 21 日の開通を述べる。

橋の 50 メートル (163 フィート) の電動バスキュール (持ち上げスパン) はこの形式のものとしては英国で最初のものの 1 つで、 建設された時にはヨーロッパで最大であった。 橋はジェイムズ・ボール (James Ball) と C A ローランドソン (C A Rowlandson) によってデザインされ、 請負業者のサー・ウィリアム・アロル社 (Sir William Arrol & Co.) が建設した。橋には 3 つの主スパンと 2 つの進入スパンがある。 東端の主スパンが持ち上げスパンである。シェルツァー・バスキュールはカウンタバランスを付けて、揺れて回転する。 橋は電動で、元々大きな蓄電池で動き、ガソリン発電機で充電した。 発電機は東の進入スパンの下にあるエンジンルームに格納されていた。

橋は 1956 年以来持ち上げられていない。 橋は 1960 年に拡幅され、頭上余地が増やされ、バスキュールが定位置に固定された。