ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

East Haddam Bridge - Wikipedia

イースト・ハダム橋: Google map ストリートビュー

イースト・ハダム橋 (East Haddam Bridge)

イースト・ハダム旋回橋は鋼製の可動 (旋回) トラス橋で、 2 つの主要スパンから構成され、コネチカット川を横断し、 コネチカット州のハダムとイースト・ハダムを接続している。 橋はルート 82 を通し、1 日に平均して 11,600 台の車を通している。 世評では世界で最も長い旋回橋である。

イースト・ハダム橋 コネチカット州における位置
いーすと橋
通過道路ルート 82
横断コネチカット川
位置コネチカット州、イースト・ハダムとハダム
保守コネチカット州道路局
特徴
デザイン旋回トラス
全長881 フィート (269 m)
24.6 フィート (7.5 m)
最長スパン456 フィート (139 m)
326.1 フィート (99.4 m)
水面上余地24.9 フィート (7.6 m)
歴史
開通1913 年 (1999 年再建)
統計
毎日の交通11,600 台
歴史

ピンで接続された可動橋はアルフレッド P. ボラー (Alfred P. Boller) -- 深い橋の基礎 (deep bridge foundation) の権威者 -- がデザインし、アメリカン・ブリッジ社により製造された。 橋の建設により、コネチカット川は渡し舟事業を停止することが可能となった。 渡し舟事業は 1694 年に開始したが、今やコネチカットをイースト・ハダムとハダムの間を横断する、 もっと現代的な手段を手に入れたからである。 イースト・ハダム・プロジェクトは 州政府が資金提供したコネチカット州の最初の橋の 1 つで、 これにより議会は特別委員会を作ることになり、 これにより、まもなく法律ができて、基幹道路の橋 -- 長距離通過交通を処理する橋 -- の制御と責任を 州道路局 (State Highway Division) が負うことになった。

1913 年 6 月 14 日の国旗制定記念日 (flag day) に、 イースト・ハダム旋回橋は公的に開通した。 祝賀には知事のシメオン E. ボールドウィン (Simeon E. Baldwin) が演説し、 17 発の祝砲と、モデル T 自動車のパレードと、何千名もの人を引き寄せたコンサートがあった。 橋の 100 周年祭が 2013 年 6 月 15 日にあり、 地元のクラッシックカー (antique car) のパレードがあった。