ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

East-Link (Dublin) - Wikipedia

イースト・リンク橋: Google map 3D

イースト・リンク橋 (ダブリン) (East-Link (Dublin))

トム・クラーク橋 (Tom Clarke Bridge) (アイルランド語:Droichead Thomáis Uí Chléirigh) は、かっては、そして一般的に東接続有料橋 (East-Link Toll Bridge) と呼ばれ、 アイルランド、ダブリンの有料道路で リフィー川 (Liffey) にかかり、ダブリン市議会により保有・操業されている。 このバスキュール型式の橋はノース・ウォール (North Wall) とリングセンド (Ringsend) を接続し、 リフィー川がダブリン港に注ぎ、更にはその後にダブリン湾にそそぐ時の最後の橋である。 橋は地方道 R 131 の一部である。


トム・クラーク橋
  1. 背景と使用
  2. 名前
背景と使用

橋は最も東のリフィー川の横断点で幾つかの渡し舟の代わりとなった。 この渡し舟は 1655 年にもさかのぼり、この場所で横断交通を通していた。 橋は NTR (企業名) によって建設され、 1984 年 10 月に車両交通に開通した。 橋は 2015 年 12 月 31 日に市議会の管理に戻った。

市の中心地は橋の西で橋はダブリン市の東側のルートを接続している。 「ダブリン港トンネル」 の出口は イースト・リンク橋の北側に属し、 リフィー川北岸のドックランズ (Docklands) の中にあって、 イースト・ウォール道路に沿った場所にある。 ダブリンのドックランズの大半はこの橋の東にあるが、 橋は平均して 1 日に 3 回持ち上げて河川交通を通している。

訳注
ドックランズはドックがある場所と理解してよいと思われる。 この場合のドックは英国英語のドックのことで、 (水門の中にあって) 潮汐の影響を受けない接岸場所のこと。

橋のバスキュール・リフト・スパンが持ち上げ
られて船を通している。空からの光景。

2016 年現在では 1 日あたり 14,000 台から 17,000 台の車が橋を横断している。 2016 年現在ではトラックや乗用車は現金や電子システムで支払い、 自転車とモーターバイクは無料である。 料金所と管理事務所は橋の南側 (リングセント側) にある。

名前

イースト・リンク橋は、元々その機能から名付けられたが、 マイケル D. ヒギンズ (Michael D. Higgins) 大統領により、トーマス・クラーク橋に改名され、 アイルランド共和党のトーマス・クラークを記念した。 改名式は 2016 年 5 月 3 日に実施され、1916 年の イースター蜂起 (Easter Rising) に関連したことで彼が キルメイナム刑務所で処刑された 100 年目を記念した。