ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kinzie Street railroad bridge - Wikipedia

キンジー・ストリート鉄道橋: Google map (衛星写真) 3D

キンジー・ストリート鉄道橋
(Kinzie Street railroad bridge)

シカゴ・ノースウェスタン鉄道のキンジー・ストリート鉄道橋は (キャロル・アベニュー橋 (Carroll Avenue Bridge) とも呼ばれ) 一枚リーフのバスキュール橋でイリノイ州シカゴのダウンタウンでシカゴ川の北支流を通している。 1908 年の開通時には、この橋は世界で最も長く、最も重いバスキュール橋であった。 この場所のこれ以前の橋には次のものがある:シカゴ川の最初の橋、 シカゴの最初の鉄道橋、 すべて鋼でできた米国で最初の橋の一つ。


キンジー・ストリート鉄道橋は
永久に開放状態に固定されている。

シカゴ・サン-タイム紙 (Chicago Sun-Time) は橋の東の鉄道の最後の顧客であったが、 印刷所を 2000 年にシカゴのダウンタウンから移動し、橋はそれ以来使用されていない。 橋は 2007 年にシカゴ市ランドマークに指定された。

  1. 位置
  2. これ以前の橋
  3. バスキュール橋
位置

キンジー・ストリート鉄道橋は東西に走り、 シカゴ川の北支流を横断して、ニア・ノース・サイドとニア・ウェスト・サイドの コミュニティ・エリアを接続している。 南にはシカゴ川の本流と南北の支流の合流点である歴史地区のウルフ・ポイント (Wolf Point) があり、南には 350 ウェスト・マート・センター (350 West Mart Center) とマーチャンダイズ・マート (Merchandise Mart) がある。 橋を横断する鉄道軌道はユニオン・パシフィック鉄道の支線 ユニオン・パシフィック / ノース・ライン のルートから 橋の北西 1 マイル (1.6 km) の地点で分岐している。 橋より東の鉄道は 2000 年以来見捨てられている。


キンジー・ストリートの
すぐ南の橋の位置を示す地図

レイク・ストリートからの夜景
ウルフ・ポイントとキンジー・ストリート鉄道橋
が見える。表示される建物と構造は左から右に、
K ステーション (300 ノース・カナル) のレフト・バンク、
333 ノース・カナル、キンジー・ストリート鉄道橋
350 ウェスト・マート・センター
マーチャンダイズ・マート、300 ノース・ラサル
フランクリン・ストリート橋
333 ワッカー・ドライブの一部
これ以前の橋

1820 年代を通して、シカゴ川の分岐点ウルフ・ポイント周辺の小さな集落が育っていった。 1829 年 6 月に、サミュエル・ミラー (Samuel Miller) -- 彼は川の分岐点の北の岸、現在のキンジー・ストリートのすぐ南に居酒屋を所有していた -- とアーチボルト・クライボーン (Archibald Clybourne) は北支流の (本流への) 流入口を横断する -- 現在のキンジー・ストリートのすぐ南に -- 渡し舟を操業する認可を受けた。 1832 年に渡し舟は歩道橋で交換され、これがシカゴ川を横断する最初の橋になった。

1848 年 10 月 10 日にガリーナ・シカゴ・ユニオン鉄道 (Galena and Chicago Union Railroad) が運河とキンジー・ストリートの角の近くのシカゴ川の西側の駅から 営業を始めた。 シカゴ市は早くも 1848 年 7 月 17 日に川の北支流を横断する橋の建設を認可したが、 1851 年に至って、ようやく鉄道は橋の東側のウェルズ・ストリート駅を建設するために必要な土地の買収を開始した。 新しい駅に進入するために、 ジェンクス D. パーキンズ (Jenks D. Perkins) によってデザインされた平底船の橋 (pontoon bridge) が北支流に建設され、初期の歩道橋の位置とほぼ同じ場所に作られた。 この橋はシカゴの最初の鉄道橋で、1852 年に完成し、 列車が新しいウェルズ・ストリート駅にアクセスすることが可能となり、 その結果、オグデン・スリップと ネイビー・ピアに至るまでのシカゴ川北岸の産業にアクセスできることになった。

元々の鉄道橋は 1879 年に旋回橋で交換され、ミズリー川を横断するグラスゴー鉄道橋 (Glasgou Railroad Bridge) と共に全て鋼でできた米国で最初の橋になった。 この橋はベッセマー鋼で製造され、これは砕けやすいことが判明し、 橋は 1898 年に再び交換された。 代わりの橋は陸上で建設されて、ハシケで定位置まで運び、 古い橋を取り除いて、新しい橋を定位置に設置した。 これには 1898 年 3 月 13 日と 3 月 14 日の 271/2 時間が必要であった。


1865 年の鉄道橋
バスキュール橋

河川交通と鉄道交通はますます競合することになった。 1870 年 10 月に大惨事をかろうじて回避できた。 この時 800 人の乗客が乗った 7 両編成の列車が旋回橋に速すぎる速度で接近したが、 かろうじて停車でき、先頭の車輪が進入路から川に垂れ下がった。 一方、川のボートはどんどん大きくなり、 北支流の入口でボートを航行することがますます困難になった。 そこで工兵隊はキンジー・ストリート近くの 3 基の旋回橋を取り除くことを命令した。 これが河川交通の邪魔となったからである。 そこで 1907 年に、新しいバスキュール橋の建設が開始した。 この橋は川でボートが通過する余地をもっと与えたからである。

東からウルフ・ポイントを空から見た
光景、1893 年。1879 年 - 1898 年
の旋回橋が絵の右上に見える。
1897 年のシカゴ川の北支流の平面図
から、キンジー・ストリートの近くに
3 基の旋回橋があり、航行の障害
となっていることがわかる。
デザインと建設

橋は川を横断する複線を通すようにデザインされている。 上部構造は 「シュトラウス・トラニオン・バスキュール & コンクリート橋会社」 (Strauss Bascule & Concrete Company) によって建造された 2 スパンから構成された: 川の西岸の 26 フィート (7.9 m) のプレート・ガーダー・スパンとトラニオン橋脚に設置する 170 フィート (52 m) の可動主スパンであった。 主スパンの大きさと重さは、完成すれば、世界で最も長く、最も重いものとなり、 これによりトラニオン橋脚は川底の下 94 フィート (29 m) まで延伸する基礎の上に建設する必要があった。 これを達成するためにケーソンが川底の下 29 フィート (8.8 m) まで沈められ、 次に直径 10 フィート (3.0 m) の井戸が残りの 65 フィート (20 m) の深さまで掘られら。 橋の下部構造は 「五大湖浚渫ドック会社」 (Great Lakes Dredge and Dock Company) により建設された。


キンジー・ストリート鉄道橋の概念図
使用

シカゴ・ノースウェスタン鉄道は元々 2 基の橋を隣り合わせに作り、 ウェルズ・ストリート駅まで 4 本の軌道を通すことを計画した。 しかしながら、最初の橋が 1908 年 9 月 19 日に開通するまでに、別の計画がすでに進行中で、 これにより、ウェルズ・ストリート駅が閉鎖され、これの代わりに川の北岸に新しいターミナルを作ることになった。 新しい駅 (現在のオグルヴィー輸送センター (Ogilvie Transportation Center)) が 1911 年に開業した時に キンジー・ストリート鉄道橋は貨物のみを処理することになった。 1930 年にマーチャンダイズ・マートが古いウェルズ・ストリート駅の場所に開業した。 マーチャンダイズ・マートはシカゴ・ノースウェスタン鉄道の上空権の下に建設され、 1932 年の春には、鉄道は建物の下に新しい貨物棟を開設し、 毎日、外向きに 1000 米トン (910,000 kg)、内向きに 600 米トン (540,000 kg) を処理するようにデザインされた。

放棄

20 世紀の後半にはシカゴの ニア・ノース・サイドで輸送に鉄道を使用する会社の数がひどく減少した。 1970 年代には鉄道の東端の顧客にはカーチス・キャンディ工場 (Curtis candy factory) とジャーディン浄水場 (Jardine Water Purification Plant) が含まれていた。 1982 年のコロンブス・ドライブ橋 (Columbus Drive Bridge) の建設により、通行権の一部が消し去られ、 ネイビー・ピアへの支線は見捨てられた。 そして 1990 年代までには支線の残りの区間沿いの交通は唯一の顧客であるシカゴ・サン-タイムズ紙に 1 日 1 便の 列車で貢献しただけであった。 新聞社は印刷所を 2001 年初頭にシカゴのダウンタウンから移動し、 橋には交通がなくなり、それ以来、永久に開放状態で持ち上げられている。 2007 年 12 月 12 日に橋は 12 基の歴史的鉄道橋の一基となり、 シカゴ市ランドマークに指定された。

再使用の提案

1953 年に支線が通勤鉄道の一部として使えないか、テストが実施され、 マーチャンダイズ・マート、ステート・ストリート、ミシガン・アベニューに停車したが、 資金上の理由から計画はやめになった。 1970 年代に建築家のハリー・ウィーズ (Harry Weese) は 支線の軽鉄道がシカゴのダウンタウンの駅とリーバー・ノースの近辺を接続することを提案した。 2008 年に、 シカゴ市輸送局はユニオン駅とオグルヴィー輸送センターからミシガン・アベニューに至る輸送接続の 創設でユニオン・パシフィック鉄道のトンネル -- アパレル・センター、マーチャンダイズ・マートや他の建物の下を通り、 ノース・ミシガン・アベニューに至るもの -- を使用する提案の代替の分析を依頼した。 提案されたキャロル・アベニュー・トランジットウェイにはキンジー・ストリート鉄道橋をバスや路面電車を通すことが含まれた。