ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Spokane Street Bridge - Wikipedia

スポーカン・ストリート橋: Google map、 ストリート・ビュー: 橋の上

スポーカン・ストリート橋
(Spokane Street Bridge)

スポーカン・ストリート橋は西シアトル・ロー・レベル橋 (West Seattle Low-Level Bridge) とも呼ばれ、ワシントン州シアトルのコンクリート製の 二葉旋回橋 (double leaf swing bridge) である。 この橋はサウスウェスト・スポーカン・ストリートを通し、 デュワミッシュ川 (Duwamish River) を越え、 ハーバー島 (Harbor Island) とウェスト・シアトルを接続している。 この橋には 2 つの分離した背中合わせの旋回スパンがあり、 各々 480 フィート (150 m) の長さを持っている。 1991 年に建設が完成し、衝突で破壊された、より以前の橋の代わりになった。


スポーカン・ストリート橋、
橋の旋回スパンの 1 つが回転した。

各々 7,500 米トン (6,800 トン) の橋の葉 (leaf) が川の両端にある中央橋脚の上の 100 インチ (2.5 m) の鋼の円筒の上に油圧で浮いている。 橋は川と斜めに交差するため、 2 枚の葉は単に 45度 回転 (1/8 回転) して船舶用に水路を開放するが、 これは大半の旋回橋が 90度 回転するのとは違っている。 この形式の橋としては世界で唯一のものとされ、この新機軸により幾つかの賞を受領し、 これには 1992 年の米国土木技術者学会 (American Society of Civil Engineers) により 「傑出した工学業績賞」 (Outstanding Engineering Achievement Award) が含まれる。

橋は ディスカバリー・チャンネルの 2007 年のエピソード 「とても大きなもの」 (Really Big Things) で呼び物にされた。

歴史

この場所における元々の橋は 1924 年のバスキュール橋であった。 この橋は元々の橋の代わりとして建設されるまで、 資金を確保するために随分長く待機していた。 この橋の建設は、この橋のそばにある、より大きなウェスト・シアトル橋の建設の一部であった。


スポーカン・ストリート橋は
この写真に見える 2 つの橋の中の低い方である。
この後ろにより高いウェスト・シアトル橋が見える。
訳注
ウェスト・シアトル橋は、この地域を通り抜ける橋なので、地元に貢献するために、この橋も建設する必要があったようです。 写真から明白ですが、川沿いの人がウェスト・シアトル橋を利用しようとすれば、随分と回り道をする必要がある。