ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ben Sawyer Bridge - Wikipedia

ベン・ソーヤー橋: Google map ストリートビュー

ベン・ソーヤー橋 (Ben Sawyer Bridge)

ベン・ソーヤー橋は旋回橋で、 サウス・カロライナ州のマウント・プレザント (Mount Pleasant) の町とサリバン島 (Sullivan's Island) を接続している。 橋は中央の軸の上で旋回し、 橋をくぐれない背の高いボートに交通を開放し、 旋回スパンの中央に操作棟があって、ここで操作員が橋を操作する。 橋は元々 1945 年に建設されたが、進入スパンと旋回スパンの上部構造は 2010 年に交換された。 にもかかわらず同じ一般的な外見を保持している。


ベン・ソーヤー橋、2008 年

パームズ島接続橋 (Isle of Palms Connector Bridge) が 1993 年に完成するまでは、ベン・ソーヤー橋はサリバン島に至る唯一つの車両の進入路を提供し、 一つの接続橋によってパームズ島に至っていた。

橋はハリケーン・ヒューゴー (Hurricane Hugo) により、 ひどく損傷を受け、沿岸水路内で中央スパンの一方の端が残った。 損傷を受けた橋の複数の写真は嵐の被害写真の中で最も良く知られ、長続きする画像の一つであった。 橋は間もなく修復され 1989 年 10 月に開通した。

修復計画

ベン・ソーヤー橋の $3250万 をかけた修復が 2008 年 8 月にサウス・カロライナ州交通局 (SCDOT, South Carolina Department of Transportation) により認められた。 設計 (Engineer of Record) はハーデスティ & ハノーバー有限責任会社 (Hardesty & Hanover, LLC) になり、工事請負業者は PCL になった。 プロジェクトは 2009 年 1 月に開始し、 2010 年 2 月に完成した。 プロジェクトには古くなった鋼の上部構造の取り換えが含まれ、 旋回スパン区間を新しい旋回スパン・トラスと操作機械で置き換え、 前任の歴史的風貌を保持した。 それに付け加えて、 各車線は 12 フィートから 14 フィートに広がり、両側の 2.5 フィート (76 cm) の歩道は 港側のみの 5 フィート (1.5 m) の歩道で置き換えられた。 古いスパンを取り除いて交換のスパンを設置するために、 橋が 2010 年 2 月 7 日に一時的に閉鎖され、 2 月 11 日に油圧ジャッキを使用して、 ハシケから定位置に持ち上げられた。 橋は 2010 年 2 月 19 日に開通した。

名前の起源

ベン・ソーヤー橋は 1926 年 - 1940 年にサウス・カロライナ州道路局主任道路局長を務めた ベンジャミン・マック・ソーヤー (1890 年 1940 年) にちなんで名付けられた。