ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

South Market Street Bridge (Wilmington, Delaware) - Wikipedia

サウス・マーケット・ストリート橋: Google map、 ストリートビュー: 斜め横から

サウス・マーケット・ストリート橋
(South Market Street Bridge)

サウス・マーケット・ストリート橋は公的には、 ジョン E. ライリー, シニア上院議員橋 (Senator John E. Reilly, Sr. Bridge) と呼ばれ、バスキュール橋で デラウェア州ウィルミントン (Wilmington) でクリスティーナ川 (Christina River) にかかっている。


サウス・マーケット・ストリート橋は、
左手の少し遠くでクリスティーナ川を横断している

現在の橋は 1927 年に開通し、1808 年以来クリスティーナ川のこの場所にかかっていた多くの橋の中で最後のものである。 1808 年には最初の木造回転橋が建設された。 現在の橋の建設は当時の 「州道路局」 (State Highway Department) (「デラウェア州輸送局」 (Delaware Department of Transportation) の前身) により管理され、旋回橋と交換するために建設された。 この旋回橋は 1883 年に建設され、1808 年の木造回転橋の代わりであった。 現在の橋はデラウェア川にあるこの形式の可動橋で 1957 年より前に建設された 3 基しかない橋の 1 基である。

1982 年に、橋はウィルミントン選出の上院議員ジョン・エドワード・ライリー, シニアにちなんで名付けられた。 彼はガラガラ声で葉巻を吸い、思いやりと機知で知られ、1963 年 2 月 26 日にガンで死亡した。

橋は 2004 年 - 2006 年に大規模に修復され、既存の機械を置き換えて、質を向上し、 照明、歩道、操作棟を改良した。