ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Livingston Avenue Bridge - Wikipedia

リビングストン・アベニュー橋: Google map 衛星写真 (3D)

リビングストン・アベニュー橋はハドソン川橋とも呼びます。

リビングストン・アベニュー橋
(Livingston Avenue Bridge)

リビングストン・アベニュー橋はニューヨーク州のハドソン川にかかる鉄道橋で、 オールバニー (Albany) とレンセリア (Rensselaer) を接続している。 元々の構造は 1866 年にハドソン川橋会社 (Hudson River Bridge Company) により、 建設されたが 1901 年 - 1902 年に取り換えられた。 回転する旋回スパンにより大きな船が川を遡上できる。

リビングストン・アベニュー橋 ニューヨーク州における位置

ニューヨーク州輸送局 (DOT, Department of Transportation) はエンパイア・コリドー (帝国回廊、Empire Corridor) の乗客鉄道線において、 橋は重大な接続であると確認し、橋の修復あるいは交換の調査プロジェクトを開始した。

  1. 操業
  2. 歴史
  3. 修復調査
操業

橋は アムトラックのエンパイア・コリドーのリースの一部として 2012 年 12 月に CSX から購入された。 リースにより、 ニューヨーク州ホフマンズ (Hoffmans, NY) から東に向かってオールバニー・レンセリア駅までと、 ここから南に向かってニューヨーク州パキプシー (Poughkeepsie) のすぐ北の 75 マイル地点 (MP 75) までをアムトラックが所有・管理することができるようになった。 小さな支線がオールバニー・レンセリア駅から東に向かい、南に下がる。 これはポスト・ロード小区間 (Post-Road subdivision) と呼ばれ、 アムトラックの所有権は州間道路 90 のバークシャー連絡路 (Berkshire Spur) の高架のすぐ南で終了する。 リビングストン・アベニュー橋は CSX CPレール (CP Rail) の貨物列車に使用されることは無論のこと、 ニューヨーク州の東西方向の旅行に使用される。 橋には活動中の信号塔があり、アムトラックのブロック操作員が一日 24 時間、塔に詰めている。 彼らは、橋の開閉はもとよりのこと、 アムトラックのレンセリア・ターミナルの周辺と近くの軌道の鉄道交通の指図に責任を負っている。 橋が劣化しているため、列車は 1 度に 1 編成のみが時速 15 マイル (24 km/h) で横断する。 DOT は旋回橋の機械は信用するに足らず、全体的な橋のデザインが現在の鉄道操業の標準に不適切であると考えている。 橋は 1 年におよそ 400 回、船舶交通に開放する。

歴史

ハドソン川橋会社は 1856 年 4 月 9 日に法人化された。 橋の工事は 1864 年 4 月に開始した。 より以前のグリーン・アイランド橋 (Green Island Bridge) が 1835 年に北のトロイ (Troy) で開通していたが、トロイより西では スケネクタディ・トロイ鉄道 (Schenectady and Troy Railroad) の、より長いルートを通らなければならなかった。 新しい橋はハドソン川橋と呼ばれ、 橋の西側 (オールバニー) でニューヨーク中央鉄道に直接接続され、 東側 (レンセリア) で、ハドソン川鉄道、トロイ・グリーンブッシュ鉄道 (Troy and Greenbush Railroad)、 ボストン・オールバニー鉄道に直接接続された。 回転テーブルのついた橋は 4800 フィート (1500 m) の長さで、閉鎖時に高潮の上に 30 フィート (9 m) の余地がある。


1866 年の元々の橋

最初の機関車オーガスタス・シェル (Augustus Schell) は 1866 年 2 月 18 日に橋を横断した。 乗客列車は 2 月 22 日に橋の使用を開始した。 メイドン・レーン橋 (Maiden Lane Bridge) が少し南に建設された時に、 ハドソン川橋はほとんどが、貨物列車と、オールバニーを通過するがそこで滞在する必要がない数少ない乗客列車に使用された。 メイドン・レーン橋は時々 「南の橋」 と呼ばれ、 ハドソン川橋は 「北の橋」 と呼ばれた。 一旦移動パターンが決まった 1866 年の冬にハドソン川橋の所有者の コーニーリウス・バンダービルト (Cornelius Vanderbilt) は突然にニューヨーク中央鉄道からの物資の輸送を引き受けることを拒否した。 記録文書である 「アメリカを建設した人達」 (The Men Who Built America) によると、 この閉鎖の動機はニューヨーク中央鉄道の所有者が悪意の新契約を交渉することに対しての報復であった。 ニューヨーク中央鉄道の経営陣は屈服し、 1867 年にバンダービルトはこの会社を手に入れ、 1869 年にこの会社をハドソン川鉄道と合併させて 「ニューヨーク中央ハドソン川鉄道」 を作った。 これによりニューヨーク中央鉄道は会社の所有権で多数派となり、 1900 年にボストン・オールバニー線をリースした。

現在の橋は 1901 年から 1902年に建設され、リビングストン・アベニュー橋と命名された。 元々のハドソン川橋が建設された時に、リビングストン・アベニューはランバー・ストリート (Lumber Street) と命名されていた。これはオールバニー・ランバー地区 (Albany Lumber District) につながっていたからである。

修復調査

2012 年現在に DOT は構造を修復するか、交換するかを評価している。 橋を交換するための経費は 1998 年には $5000万 と見積もられていた。 修復に関しての決定は高速鉄道を収容するために橋を上級化することの考察が含められている。 建設資金は割り当てられていない。 議論の 1 つの問題はプロジェクトが、閉鎖されている橋の上の歩道を復元するか否かである。 これをすればオールバニーとレンセリアの間の歩行者の通行がずっと改善される。 しかし橋の所有者である CSX は安全面の懸念を言及している。


北に向かう遊覧船が
リビングストン・アベニュー橋を通り抜ける。