ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Maestri Bridge - Wikipedia

マエストリ橋バスキュール・スパン、その 1: Google map (衛星写真) ストリートビュー (ボートから) (背後で鉄道のバスキュール・スパンが開放している。)
マエストリ橋バスキュール・スパン、その 2: Google map (その 2) ストリートビュー (橋の上)

マエストリ橋 (Maestri Bridge)

マエストリ橋は (元々ポンチャートレーン橋 (the Pontchartrain Bridge) と呼ばれ、 後にワトソン・ウィリアムズ・ポンチャートレーン橋 (Watson Williams Pontchartrain Bridge)、 5 マイル橋 (Five Mile Bridge) と呼ばれ) US ルート 11 (US 11) を通し、ポンチャートレーン湖を横断し、 ニューオーリンズとスライデル (Slide) を接続している。 橋は 1928 年 2 月 18 日に開通し、ポンチャートレーン湖の最初の永続的な横断になった。 4.78 マイル (7.69 km) の橋は完成時には世界で最長のコンクリート橋であった。 橋は 35 フィート (11 m) の幅があり、 船舶はハシケを通すための 2 基のバスキュール型式の可動スパンがある。 橋は元々、有料施設で、車 1 台とドライバー 1 名では $1.25 かかり、 追加の乗客毎に $0.10 かかった。

ルイジアナ州知事のヒューイ・ロング (Huey Long) は有料橋に反対で、 私的所有者から橋を州が買い上げることを申し入れた。 この申し入れは拒絶された。そこでロング知事は US ルート 90 沿いの シェフ・メントゥー海峡 (Chef Menteur Pass) とリゴレッツ海峡 (Rigolets Pass) に二基の橋を建設した。 無料の代替ができたため、有料橋は資金的な破たんに直面し、 1938 年に州に $940,000 で売却された。 購入後、ニューオーリンズ市長ロバート・マエストリにちなんで、 橋の名前はマエストリ橋に変更された。 US ルート 11 はシェフ・メントゥー海峡とリゴレッツ海峡の横断を US ルート 90 と共用したが、 1941 年頃にマエストリ橋にルートを変更した。

2005 年にハリケーン・カトリーナは東の I-10 ツイン・スパン橋 (I-10 Twin Span Bridge) を事実上破壊した。 しかしながら、マエストリ橋は頑丈に作られていたため、ほとんど被害がなく、 ツイン・スパン橋が応急措置されるまでは、ニューオーリンズから東部に行く唯一のルートとなった。 (US 90 もフォート・パイク橋の被害により閉鎖された。)

橋は 2012 年 1 月に修理のために閉鎖された。 LA DOTD (ルイジアナ輸送・開発局、Louisiana Department of Transportations and Development) は橋の欄干を修理するために $570万 の契約を与えた。 橋は 5 月 21 日に再開通した。


州間道路 10 から見たマエストリ橋