ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lafayette Avenue Bridge - Wikipedia

ラファイエット・アベニュー橋: Google map (衛星写真)

ラファイエット・アベニュー橋
(Lafayette Avenue Bridge)

ラファイエット・アベニュー橋はかってはベイ・シティー・バスキュール橋として、 国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録されていたが, これはミシガン州米・シティの 1 組の 2 つの小さな橋である。 橋は州道 M-13 と M-84 を通し、サギノー川を横断している。 橋はミシガン州輸送局により保守され、現在の所、ベイ・シティの 4 基の現代的な可動橋の中で最も古いものである。 橋は 1999 年 11 月 30 日に国の歴史登録財に登録されたが、2015 年に取り消された。

東の橋 (可動橋) 橋の位置

東に向かうと、最初の橋が M-13/M-84 を川の西岸から中央の島に渡している。 第 2 の橋が可動橋で、道路を島から川の東岸に渡している。 M-13/M-84 は川の西岸ではサルズバーグ・アベニュー (Salzburg Avenue) と呼ばれ、 東岸ではラファイエット・アベニューと呼ばれ、 後者が橋の名の由来である。

  1. 歴史
  2. ギャラリー
歴史

ラファイエット・アベニュー橋は 1876 年に同じ場所に建設された、より以前の橋に取って代わった。 この橋は 1934 年に運命づけられ、 一時的なハシケによる旋回橋 (pontoon swing bridge) が直ちに同じ場所に設置された。 ベイ・シティは 1936 年に橋の状態を調べ始め、ラファイエット橋を交換し、 べリンダ・ストリート橋とキャス・アベニュー橋 (Cass Avenue Bridge) を修復する計画を展開した。 しかしながら、国が世界恐慌の最中であったため、 資金が不足した。もっともフランクリン D. ルーズベルト (Franklin D. Foosevelt) のニューティール政策の 一部である公共事業局 (Public Works Administration) を通じて、資金が手に入った。 (この結果) 現在のラファイエット・アベニュー橋が完成し、1938 年に開通した。 この橋はキャス・アベニュー橋が取り除かれた 1955 年にサウジナウ川を越える市の最南端の橋となった。

ギャラリー
西の橋 可動橋の下を通る貨物船 可動橋のバスキュール・スパン
部分的に開放