ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Samuel Beckett Bridge - Wikipedia

サミュエル・ベケット橋: Google map 3D, フォト・スフィア

サミュエル・ベケット橋
(Samuel Beckett Bridge)

サミュエル・ベケット橋 (アイルランド語:Droichead Samuel Beckett) はダブリンにあるケーブル固定の橋 (cable-stay bridge) で、 リフィー川 (River Liffey) の南岸の「サー・ジョン・ロジャソンの岸壁」 (Sir John Rogerson's Quay) と (北岸の) ドックランズ地域 (Docklands area) のギルド・ストリート (Guild Street) とノース・ウォール岸壁 (North Wall Quay) を接続している。


サミュエル・ベケット橋
訳注
英国英語のドックにはゲートで閉鎖された港の意味があります。 (正確にはドックを参照。) 地図を見ると、橋の北端のそばに普通よりは大きな運河の水門らしきものがあり、 これが小型船の港の役目を果たしたのではないかと思われます。(つまりこれがドック。) そばに 「ドックランズ」 という鉄道の駅がある。
  1. デザインと建設
  2. 批判
デザインと建設

(この橋の) 建築家は サンティアゴ・カラトラバ (Santiago Calatorava) で、 彼は多くの革新的な橋と建物のデザイナーである。 この橋はカラトラバによりデザインされたこの地域の 2 番目の橋で、最初の橋はジェームズ・ジョイス橋 (James Joyce Bridge) で更に上流にある。

サミュエル・ベケット橋の主スパンは 「グラハム・ホランディア合併事業」 (Graham Hollandia Joint Venture) により建設され、 主スパンは 31 本のケーブルで支えられ、 前方に傾斜した円弧型の先細の中空な 1 本のマスト (スパー, spar) がケーブルを支え、 これが更に後方に 2 重に固定されている。 路面には 4 車線と 2 本の歩道が提供されている。 橋を 90度 の角度に開放して、船舶を通すこともできる。 これは柱の基底部に格納されている回転機構によって実現されている。


前方に曲がった柱と
31 本の固定ケーブルと 2 重の後方固定

マスト (スパー) と複数のケーブルの形はハープをへりに置いたときの姿を呼び起こすと言われている。 (ハープは早くも 13 世紀にアイルランドの国の象徴であった。)

橋の鋼構造はホランディア社によりロッテルダムで建造された。 ホランディア社はオランドの会社で ロンドン・アイ (London Eye) の鋼の組立でも責任を担った。 橋の鋼のスパンはホランディア社のクリンペン・アーン・デン・エイセル (Krimpen aan den IJssel) における波止場から 2009 年 5 月に移送された。 これにたずさわったのは輸送専門会社の 「ALE ヘビーリフト」 (ALE Heavylift) であった。


メイン鋼構造が 2009 年 5 月にハシケで到着
訳注
クリンペン・アーン・デン・エイセル (Krimpen aan den IJssel) の場所: Google map の領域表示
Krimpen aan den IJssel の発音は実際にはクリンペナーン・デネイセルのようになります。 Krimpen aan den IJssel の発音

橋の建造費は €6000万 で、 アイルランドの作家 サミュエル・ベケットにちなんで名付けられ、 ダブリン市長の Emer Costello が 2009 年 12 月 10 日に開通式を挙行して歩行者を通し、 翌日の AM 7:00 に道路交通に開通した。

批判

批評家は橋の周囲に設定された交通管理を批判し、 橋に曲がるルートがブロックされ、 交通が市の中心に迂回され、下流の橋の交通を削減する橋の目的を損なっているとした。 このような制限によりドライバーが 「東接続有料橋」 (East-Link Toll Bridge) を使用せざるを得ない事実に関しても 不満が表明された。 ダブリン市議会が回答したことによると、 これらの制限は計画委員会 (An Bord Pleanála) により命令されたもので、 「東接続有料橋」 (これはダブリン市外) の利用者が市に入るのを防ぐためであるとした。

訳注
計画委員会 (An Bord Pleanála) はアイルランドのもので、 独立で、法令で定められた準裁判機関 (independent, statutory, quasi-judicial body) で (アイルランドの) 2006 年のインフラに関する法律にそぐっているか否かを決定する。

開通時には、橋を通るバス路線が計画されていないとの批判もあった。