ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Montrose Swing Bridge - Wikipedia

モントローズ旋回橋: Google map、 ストリート・ビュー: 横から

モントローズ旋回橋
(Montrose Swing Bridge)

モントローズ旋回橋はウェランド川とクイーンストン動力運河 (Queenston Power Canal) とのジャンクション (接合部) にあり、 カナダ、オンタリオ州のナイアガラ・フォールズ市 (ナイアガラの滝市、the City of Niagara Falls) の南東にある。 橋は 1910 年頃にカナダ南部鉄道 (Canada Southern Railway) が川を横断するために建設された。 これは複線の橋であるが、今日では 1 つの軌道しか使用されていない。 橋は川をおよそ 45度 の角度で横断している。


モントローズ旋回橋
1934 年頃の航空写真
訳注
動力運河は発電用の運河で、上の写真からもわかりますが、クイーンストン動力運河は橋の場所で、ウェランド川から分岐して北方に流れ、 ナイアガラ川に到達し、ここに発電所がある。 ウェランド川から分岐する場所はナイアガラの滝の上流で、発電所がある場所はナイアガラの滝の下流です。 そのため発電所がある場所では大きな水位差があると思われます。

この橋はウェランド運河の橋 15 と見た目が似ているが、 この橋はウォーレン・トラスで、 橋 15ボルチモア・トラスである。

  1. 川の航行
  2. 今日の橋
川の航行

ウェランド川は ウェランド運河とオンタリオ州ポート・ロビンソンで合流する。 1829 年に運河が開始した最初には運河はポート・ロビンソンで終了し、 全ての船舶はウェランド川に従ってオンタリオ州チッパワ (Chippawa) のナイアガラ川に向かった。 運河は 1833 年エリー湖まで延長されたが、 ウェランド川はその後ほぼ一世紀にわたり、商用運送路として任に就いたままであった。 川はナイアガラ川に沿った産業とニューヨーク、バッファローの産業にルートを提供し、 更には開放水域 (open water) を通り抜けることなく、 エリー運河への接続を提供した。

第一次世界大戦の時にはウェランド運河部隊 (あるいは時にはウェランド運河防衛部隊) と呼ばれる部隊が作られて、ナイアガラにおける重要な輸送網 -- この橋も含まれた -- の防衛に従事した。 ナイアガラ・フォールズ (ナイアガラの滝) のライブラリー 「デジタル・ナイアガラ」 のコレクションで見ることができる画像では、 この橋と更にはこの地域の幾つかの他の場所における軍事部隊を見せている。

ウェランド川とウェランド運河には、およそ 8 フィートの水位の違いがある。 これはポート・ロビンソンの 水門 (lock) により克服された。 水門は大きさが限られていた。 船舶のサイズが大きくなるにつれ、 とりわけ多大に拡張した 第 4 ウェランド運河が 1932 年に開通すると共に、 川の航行の需要が減少した。

1936 年に印刷された ニューヨーク中央鉄道の時刻表はこの橋と付随する 連動装置 (interlocking) を言及している。 1939 年の時刻表には、このことが言及されておらず、従って橋がその時までに旋回を終了していたと想定される。

今日の橋

2001 年に至るまで、 橋を通る カナダ太平洋鉄道 (CPR) のハミルトン (Hamilton) 部分線区はミシガン中央鉄道橋に至り、 この橋でナイアガラ川を横断して、米国に到達していた。 この路線には 1 日あたり数本の列車があった。 2001 年の後半に、ナイアガラ・フォールズの多忙な観光ルートを通り抜けるハミルトン部分線区が見捨てられ、 列車は カナダ・ナショナル鉄道のルートに変更されて、 国際鉄道橋 を経由して米国に進入するようになった。 モントローズ旋回橋を横断する軌道はモントローズ部分線区としてデザインし直された。 橋は今では、もっぱらナイアガラ・フォールズ市内の 2, 3 の産業に貢献するのみとなり、 1 週間に 1, 2 回短い列車が通るのみである。