ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pegasus Bridge - Wikipedia  (ペガサス橋)
グーグルマップ: ペガサス橋
ストリートビュー: 橋の上 反対側から 衛星写真

ペガサス橋はローリング・リフト型式の バスキュール橋 (跳開橋) です。

ペガサス橋 (Pegasus Bridge)

ペガサス橋は 1934 年に建設されたバスキュール橋 (可動橋の一種) で、 フランスのノルマンジーのカーン (Caen) とウィストルアム (Ouistreham) の間で カーン運河を横断している。

近くの村の名前に由来してベヌヴィル (Bénouville) 橋とも呼ばれ、 近くのオルヌ (Orne) 川にかかるランヴィル (Ranville) 橋と共に、 デッドスティック (Deadstick) 作戦の重大な目的の一つであり、 これはノルマンジー上陸作戦の開戦時数分間のトンガ作戦の一部であった。 ジョン・ハワード (John Howard) 少佐の率いる英国第六空挺師団 (British 6th Airborne Division) の グライダー降下部隊が着陸して、橋を無傷で奪取し、 命令があるまで橋を確保することとなっていた。 成功裏に橋を奪取することにより、上陸作戦に続く何日もあるいは何週間にも 及ぶドイツ軍の反撃を抑止することに重要な役割を演じた。

1944 年に、この作戦の栄誉をたたえて、橋はペガサス橋と改名された。 この名称は英国の空挺軍 (airborne forces) の肩章 (shoulder emblem) である空を飛ぶ馬のペガサスに由来している。

取り換える前のペガサス橋 1994 年建設の取り換え後のペガサス橋
  1. デザイン
  2. 橋を奪取するための戦い
  3. 現在
デザイン

ペガサス橋及び 1994 年に交換した橋はバスキュール型式の橋の別箇のサブタイプ (亜種) である「シェルツァー・ローリング・リフト・バスキュール橋」 (Scherzer rolling lift bascule bridge) あるいは「ローリング・ブリッジ」(rolling bridge) である。 この形式の橋は軸受けの周りで回転せずに、主スパンの橋桁 (girder) に取り付けられた 湾曲した踏み板の上で後方にころがる。 このデザインにより、一定の開放角度では、 より大きな頭上余地が与えられる。

橋を奪取するための戦い

1944 年の 6 月 5 日の夜に、 ジョン・ハワード少佐の率いる 181 名からなる部隊が イングランド南部のドーセット (Dorset) のタラント・ラッシュトン空軍基地 (RAF Tarrant Rushton) で 6 機のホルサ・グライダー (Horsa glider) に分乗し、ペガサス橋と、そこから数百ヤード東のオルヌ川にかかる 「ホルサ橋」を奪取することになっていた。 部隊はオクスフォードシャー・バッキンガムシャー第二大隊の (B カンパニーの二個小隊で補強した) D カンパニー、 249 Fd Co (空挺部隊) の20 名の工作隊員、グライダー・パイロット連隊の隊員から構成されていた。 この作戦の目的はドイツ軍の装甲車が橋を横断して、スウォード・ビーチ (Sword Beach) の上陸地点の 東側から攻撃することを防止することであった。

オックス (Ox) とバックス (Bucks) のグライダーはできる限り近くに着陸し、 午前 0 時 16 分に目的から 47 ヤードの地点に到達した。 激しく着陸したグライダーから攻撃隊が殺到し、ドイツの防衛隊を完全に驚嘆させ、 10 分以内に橋を奪取した。 この戦闘で 2 名 -- Den Brotheridge 中尉と Fred Greenhalgh 下級伍長 -- が失われた。

Greenhalgh はグライダーの着陸時に近くの池でおぼれ、 Brotheridge 中尉は攻撃の最初の数分間に橋を横断中に戦死し、 これにより D デーで、敵の火力によって戦死した連合軍の最初の兵員となったのである。


1944 年 6 月 9 日のペガサス橋
ホルサ・グライダーが着陸点に見える。

川の橋を奪取することに割り当てられた 1 機のグライダーは 7 マイルほど離れたディーヴ (Dives) 川の 橋に着陸した。 このグライダーに乗っていた大半の兵員はドイツ戦線を通り抜けてランヴィル (Ranville) 村に向かい、 そこで間もなく英軍と落ち合った。 オックスとバックスはパイン=コフィン (Pine-Coffin) 少佐の率いる第 7 パラシュート降下大隊の 着地の半時間後に補強され、 ロバット卿 (Lord Lovat) の特別攻撃隊 (Commandos) の到着と共に海岸上陸軍とリンクした。

訳注
Commando とは敵地で作戦をすることを訓練した少人数の攻撃隊、もしくはその隊員。

第 7 大隊による補強兵員の 1 人には若き俳優のリチャード・トッド (Richard Todd) がおり、 ほとんど 20 年後に映画の 史上最大の作戦 (The Longest Day) でハワード少佐を演じた。

現在

元々のペガサス橋は現在ではペガサス博物館の敷地に置かれている。 博物館は 2000 年 6 月に落成式が挙行され、 参列したのはウェールズ皇太子、ジェームス・ヒル (James Hill) 師団長、 創立者の Françoise Gondrée と館長のサー・リチャード・ゲイル (Sir Richard Gale) 将軍であった。 博物館は現在の橋の東の端にある。 元々の橋は 1994 年に Spie バティノール (Spie Batignolles, 【訳注】企業名) によって建造された、 より幅広で、強固な橋に置き換えられた。 元々の橋は 1960 年代初頭に 5 m 延長されて運河の拡幅に対応し、 1993 年までに使用された。 橋を交換した後、ペガサス橋は廃物置場におかれた。 橋は象徴的な 1 フランの対価で博物館に譲渡された。

1944 年の作戦で戦死した多くの兵士はランヴィル (Ranville) の戦争墓地に埋葬されている。 Brotheridge 中尉の墓は墓地に隣接する教会墓地にあり、これにはゴンドレ家により 記念の飾り板が設置されている。 博物館にはカフェとペガサス橋関連の物を売っている小さな店がある。 現在 ゴンドレ (Gondrée) カフェを経営しているアルレット・ゴンドレ (Arlette Gondrée) は家屋が解放された時には 小さな子供であった。有名な ゴンドレ・カフェが D デーの時に解放された最初のフランスの 家屋であるか否かは定かではない。フランスの歴史学者の Norbert Hugedé が 著した本 Commando du Pont Pegase (ペガサス橋特別攻撃隊) では 最初に解放されたのは Picot 氏の家屋でゴンドレの家屋より数時間前であると書かれている。


ペガサス博物館の元々の橋
2005 年 6 月