ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

St. Charles Air Line Bridge - Wikipedia

セント・チャールズ・エアー・ライン橋: Google map

セント・チャールズ・エアー・ライン橋
(St. Charles Air Line Bridge)

セント・チャールズ・エアー・ライン橋はシュトラウス・トラニオン・バスキュール橋で、 イリノイ州シカゴでシカゴ川を横断している。


セント・チャールス・エアー・ライン橋
すぐ後方に直立した B&OCT バスキュール橋が見える。

この橋はセント・チャールズ・エア・ライン鉄道の 1 部分として、 アメリカン・ブリッジ社 (American Bridge Company) により 1919 年に建設され、 元々は長さ 260 フィート (79 m) であった。 この橋は 1930 年まで、 最長のバスキュール型式の橋としての世界記録を持っていたが、 1930 年に河川水路を真っすぐにするために、位置が帰られた時に 220 フィート (67 m) に短くされた。 元々の橋の主任デザイン・エンジニアはレオナルド O. ホプキンズ (Leonard O. Hopkins) であった。

写真ギャラリー