ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Little Current Swing Bridge - Wikipedia

リトル・カレント旋回橋: Google map、 ストリート・ビュー: 橋の上

リトル・カレント旋回橋
(Little Current Swing Bridge)

リトル・カレント旋回橋はカナダ、 オンタリオ州の旋回橋で、 「ノースイースタン・マニトゥーリン・アンド・ザ・アイランズ」 (Norteastern Manitoulin and the Islands) の町のリトル・カレント共同体 (community) にある。


リトル・カレント旋回橋
の 1 車線
訳注
「ノースイースタン・マニトゥーリン・アンド・ザ・アイランズ」 (Norteastern Manitoulin and the Islands) が行政区としての町で、その中心地がリトルカレントです。
ノースイースタン・マニトゥーリン・アンド・ザ・アイランズ: Google map の領域表示
  1. デザイン
  2. 建設と操業
  3. 画像
デザイン

橋はハイウェイ 6 (元のハイウェイ 68) を通し、 マニトゥーリン島 (Manitoulin Island) ともっとずっと小さいゴート島 (Goat Island) の間の狭い海峡を横断し、唯一の陸上接続になっている。 橋は北側 (ゴート島) で 2 基の 21 m (70 フィート) のデッキ・プレート・ガーダーの進入路があり、 南側 (マニトゥリン島) で 1 基の 18 m (60 フィート) のデッキ・プレート・ガーダーの進入路がある。 旋回橋は平均水位の上に 5.3 m (17.5 フィート) の高さで、 水上交通用に中央軸の両端で 48 m (160 フィート) の開口部を与えている。

建設と操業

橋の建設はアルゴマ東部鉄道 (Algoma Eastern Railway) が開始し、 橋台と橋脚は 1912 年に建設され、橋の構造は 1913 年に組み立てられた。 アルゴマ東部鉄道は 1913 年 10 月に橋を横断してリトル・カレント共同体に至る列車の操業を始めた。 アルゴマ東部鉄道は 1930 年 3 月に カナダ太平洋鉄道 (CPR, Canadian Pacific Railway) にリースされ、 その時、橋のコントロールは CPR に移った。

航行水路保護法により、CPR の方針は橋の旋回部を常に水上交通に開放し、 列車が橋を利用する時に閉鎖した。

1946 年に、CPR と州の輸送省 (Ministry of Tranportation) は協定を結び、 橋を改造して鉄道輸送に付け加え、 車両も通行できるようにした。 その結果、旋回橋の操作で、 鉄道と車両の通行ができるように旋回スパンを閉鎖した。 もっとも CPR の従業員が橋に配置され、 水上交通からの要求があれば橋を開放した。

CPR はリトル・カレントとマニトゥーリン島への鉄道事業を 1980 年に見捨てた; 軌道の終端は橋のゴート島側のターナー (Turner) にある物資積載施設になった。 その結果、CPR は橋の所有権を輸送省に移管し、 それ以来、橋はもっぱら道路車両により使用された。

その後 CPR はエスパノーラ (Espanola) からターナーへの鉄道事業を 1990 年代に見捨てて軌道を取り除き、 鉄道の路床とリトル・カレント旋回橋のような橋の構造を残し、 これらがマニトゥーリン島への鉄道輸送の伝統 (heritage) を思い出させるものになっている。

現在、旋回スパンの操作はハイウェイの交通を強く厚遇している。 というのは旋回スパンは閉鎖され、 道路車両は春夏秋の日の出後の最初の 15 分を除き使用できるからで、 この時のみ水上交通が使用できる。 春夏秋の夜間と水上交通が閉鎖される冬季には旋回スパンは閉鎖されたままである。 旋回スパンの機械は元々ガソリン・エンジンを動力としたが、輸送省により、 上級なものとなり 2003 年に電動モーターとなった。 一車線しかないため橋の両端には信号機が設置されている。 リトル・カレントの橋台の上の信号機はマニトォーリン島で唯一の信号機である。 10 月中頃から 5 月初旬までは、 フェリーの MS Chi-Cheemaun (チチーマーン) が ブルース半島からの乗客輸送に従事しないため、 橋がマニトゥリン島への唯一の道路接続となる。

訳注
次のページに宣伝用の動画があり、Chi-Cheemaun の発音が聞けます。
Owen Sound Transportation Company
画像
リトル・カレント旋回橋 (開放状態)
タウン・ドックから東を見る
リトル・カレント旋回橋 (閉鎖状態)
タウン・ドックから東を見る