ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

145th Street Bridge - Wikipedia

145 番ストリート橋: Google map

145 番ストリート橋 (145th Street Bridge)

145 番ストリート橋はニューヨーク市にある 4 車線の旋回橋で、 ハーレム川を横断し、マンハッタンの 145 番ストリートとレノックス・アベニュー (Lenox Avenue) を ブロンクスのイースト 149 番ストリートとリバー・アベニューに接続している。 この橋はかって北向きのニューヨーク州ルート 22 と ニューヨーク州ルート 100 を通していた。 付け加えるとこの橋はレノックス・アベニューに近かったため、「レノックス・アベニュー橋」と呼ばれ、 これが元々の名前であったが、(この名前は) 使用されなくなった。 橋はニューヨーク州輸送局により操業・保守されている。

2008 年の橋の横の光景 ブロンクスから

元々の 145 番ストリート橋の建設は 1901 年 4 月 19 日に開始し、 $275万 の橋は 1905 年 8 月 24 日に開通した。デザイナーはアルフレッド・パンコースト・ボラー (Alfred Pancoast Boller) であった。

橋の新しい旋回スパンはオールバニー郡南部のコイーマンズ (Coeymans) の かってのパウエル・ミノックのレンガ工場 (Powell & Minnock Brick Yard) で組み立てられた。 スパンは 2006 年 11 月初頭に置き換えられた。

145 番ストリートは MTA ニューヨーク・シティー・トランシットにより操業されているバスルート Bx19 を通している。 このルートの週日の平均乗客数は 30,534 人である。

ポピュラー・カルチャー

テレビ番組 「ザ・ジェファーソンズ」の一編 (父親になりかけている男 (The Expectant Father) の中でライオネル (Lionel) とジョージ (George) はチンバーウルフで酔っ払い、ライオネルの名前を橋に書いた。