ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Macombs Dam Bridge - Wikipedia

マクームズ・ダム橋: Google map

原文では macombs の読みを mə-KOOMZ をとしてあり、通常の発音記号では məkuːmz となり、カナ表記はマクームズとなります。 (KOOMZ が大文字になっており、ここにストレス (アクセント) があることを意味し、マを軽く発音し、クームズを強く読みます。) わざわざ発音が書いてあるところを見ると英語を母国語にしている人が読み間違える可能性があるようです。 グーグルの表記では 「マコムズ・ダム橋」 になります。 macombs dam bridge は恐らく macomb's dam bridge から来ていると思われ、 素直な発音を考えればマコムズ・ダム橋、マコームズ・ダム橋 (カナ表記の場合 ー は入れたり入れなかったりしている) の方が正しい。

マクームズ・ダム橋 (Macombs Dam Bridge)

マクームズ・ダム橋はニューヨーク市のハーレム川にかかり、 マンハッタン・ボロー (区、borough) とブロンクス・ボローの ヤンキー・スタジアム の近くを接続している。 これはニューヨーク市の 3 番目に古い橋て、155 番ストリートの高架橋と共に 1992 年 1 月に ニューヨーク市のランドマーク (New York City Landmark) に指定された。 橋はニューヨーク市輸送局 (NYCDOT, New York City Department of Transportation) により操業・保守されている。


南から眺める。ハーレム川にかかる旋回スパン (左)
と鉄道軌道の上のキャメルバック・スパンが見える (右)
マンハッタンは左手でブロンクスは右手、背後に
ヤンキー・スタジアムが見える。
  1. 歴史と説明
  2. 公共輸送
歴史と説明

橋はハーレム川の河口から 3.2 マイル (5.1 km) の所にある。 この橋はハーレム川の旋回橋とブロンクス側の鉄道軌道の上のスパンで構成され、 ハーレム川の旋回橋には 4 基の フィニアル (finial) があり、 端が石になっている橋脚に避難小屋が付き、 ブロンクス側の鉄道軌道の上にはキャメルバック・スパンが付いている。 主旋回スパンは 408 フィート (124 m) の長さで、 水平余地が 150 フィート (46 m) の 2 つの航行水路を提供している。 閉鎖した場合には、橋は 25 フィート (7.6 m) の垂直余地を提供している。 橋の全長は 2540 フィート (770 m) である。

訳注
キャメルバックは上部構造が 5 本の直線から構成されていないといけないのですが、 この場合には 7 本の線から構成され、厳密には一般的なパーカー・トラスになります。
マクームズ・ダム橋: 衛星写真、3D

端が石になった 4 基の橋脚の 1 つ。

現在の橋はこの場所にあった幾つかの橋で最も最近のものである。 最初の橋は今ではもうないが、水門・ダムのシステムが付いたもので 1814 年に開通した。 この後 1861 年に木造の 「中央橋」 (Central Bridge) が続き、 これが現在の橋で置き換わり、これも中央橋と呼ばれ、 この名前を記した銘板が旋回スパンの上に今でも見ることができる。 しかし、この名前は定着せずに、古いマクームズ橋の名前が一般に使用されたままである。 この橋の建設は 1890 年に始まり、 1895 年に完成し、全経費は $130万 であった。 この橋はコンサルティング・エンジニアであるアルフレッド・パンコースト・ボラー (Alfred Pancoast Boller) によりデザインされ、1895 年 5 月 1 日に開通した。 ニューヨーク市輸送局 (NYCDOT) は 1999 年にこの橋に $14500万 の補修を始めた。

訳注
水門・ダムのシステムはダムを建設して、船がダムを越えることができるように水門を設置するものですが、 19 世紀の前半にはこのあたりは蒸気ボートで簡単に遡上できたはずなのでダムは航行の邪魔になり、 取り壊されたようです。

橋には自動車用の 4 車線と両側に歩行者用の側道がある。 橋の西側では長い鋼製の高架橋が 155 番ストリートと アダム・クレイトン・パウエル・ジュニア・ブールバード (7 番街、Adam Clayton Powell, Jr. Boulevard) の交点につながり、 どちらの通りも橋で終了している。 橋の東側には鋼の進入路がジェローム・アベニューにつながり、 これはブロンクスの北とウェストチェスター郡 (Westchester County) に延長している。

橋のすぐ北には別の旋回橋があった。 この橋により、今では取り壊された 9 番街エル (9th Avenue El, El = Elevated Railway = 高架鉄道) がブロンクスに到達し、 IRT のジェローム・アベニュー線に到達していた。 この橋は 9 番街エルがこの区間で 1959 年に操業を停止した後のある時期に取り壊された。

橋の操業・保守をしている NYCDOT が 2011 年に報告したことによると、 毎日の平均交通量は双方向に 44,311 台で、 1957 年に毎日の年間平均交通量が 55,609 台でピークに達した。

公共輸送

MTA ニューヨーク市トランシットの Bx6 バス・ルートがマクームズ・ダム橋を通っている。 このルートの週日の平均乗客数は 21,973 人である。