ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pero's Bridge - Wikipedia

ペロの橋: Google map、 ストリートビュー: 橋の上。 Photo Sphere 写真: 横から

ペロの橋 (Peno's Bridge)

ペロの橋は歩行者用のバスキュール橋で、 イングランド、ブリストル港のセント・オーガスティン水域 (St. Augustine's Reach) にかかっている。 橋はクイーン広場 (Queen Square) と千年紀広場 (Millenium Square) を接続している。


ペロの橋
訳注
reach は水門と水門の間の水平区間の事で、水門/パウンドに記述されている意味です。 (下流の水門のダム湖と言ってもよい。) ブリストル港は水門によって水位が一定になっているので、 そのダム湖のことが St. Augustine's Reach と思われます。(St. Augustine は水門 (lock) もしくは堰 (weir) のことと思われます。) ここでは Reach を「水域」と訳しました。
  1. 構造
  2. ペロ
  3. 歴史
  4. 大きさ
構造

橋は 3 スパンから構成され、外側のものは固定スパンで、 中央区間は持ち上げることができて、港に航行水路を提供する。 橋の最も顕著な造作は角 (つの) の形をした一対の彫刻で、 これが持ち上げ区間のカウンター・ウェイトになり、 これにより、橋は一般に 「角付き橋」 (Horned Bridge) と呼ばれる。


角の形をしたカウンター・ウェイトの近接撮影
ペロ

橋はペロ -- ペロ・ジョーンズ (Pero Jones) とも呼ばれる -- にちなんで名付けられ、ペロは 1753 年頃から 1798 年までブリストルに住み、 恐らくは 1783 年にカリブ海のネビス島 (Nevis) から、 グレート・ジョージ・ストリート 5 番地 (5 Great George Street) の商人ジョン・ピニー (John Pinney、1740 年 - 1818 年) の奴隷として連れてこられた。

役中
Nevis の発音は実際にはニービスと発音します。 ( Nevisに発音記号 /ˈniːvɪs/ が書いてある。) しかし、ネビスと書いてある日本語のページが多いのでそれに合わせました。 しかし日本語の Wikipedia ネイビス島 のカナ表記は少し解せない。
歴史

橋はアイルランドの芸術家エイリス・オコンネル (Eilis O'Connell) が オーヴ・アルプ社 (Ove Arup & Partners engineers) と共同でデザインした。 橋はポール・ボーテング国会議員 (Paul Boateng MP) -- 当時内務大臣 -- により公的に開通式が挙行された。 橋の名前は当時、 自由民主党の市会議員のスティーブン・ウィリアムズ (Stephen Williams) により攻撃された。 彼は決定を 「ジェスチャー政治」 と非難した。 エイリス・オコンネルが論評したことによると、 「市議会は好きなように名前を付ければよい。しかし "ペロの橋" は少々政治的に聞こえる。」

大きさ

持ち上げスパンの長さは 11 メートル (39 フィート) で、 9 メートル (30 フィート) の航行水路が提供される。