ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pitt River Bridge - Wikipedia

ピット川橋: Google map、 ストリート・ビュー: 橋の上

この橋は元々は旋回橋でしたが、現在は旋回橋ではなくなりました。

ピット川橋 (Pitt River Bridge)

ピット川橋はケーブル固定橋 (cable-stayed bridge) でカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のポート・コキットラム (Port Coquitlam) とピット・メドウズ (Pitt Meadows) の間にかかっている。 橋はハイウェイ 7 の一部で、 ラヒード・ハイウェイ (Lougheed Highway) を通している。 現在の橋は 2009 年 10 月 4 日に開通した。 橋に含まれるのは: 長さ 380 m のケーブル固定橋の区間、 126 m の複数スパンの進入路、 およそ 2 km の坂道である。 橋の全プロジェクト経費は $2億 であった。

ピット川橋 (2009 年) ピット川橋 (1959 年、1978 年)
訳注
  1. グーグルの地図では Lougheed のカナ表記をライードとしています。 少し気になるので発音を調べてみることにします。 幾つかの発音からラヒードのカナ表記を選びました。 しかしライードの方が通じる可能性があります。
  2. ハイウェイ 7 の大半の区間はラヒード・ハイウェイとブロードウェイから構成されている。
  1. 元々の橋
  2. 新しい橋とメアリー・ヒル・インターチェンジ計画
元々の橋

元々のピット川橋 (南側の橋) は総理大臣の W.A.C ベネット (Bennet) が 1959 年に開通式を挙行した。 2 番目の橋 (北側の橋) は 1978 年に建設された。 南側の橋の中間旋回スパンは時々定位置にうまく閉鎖せず、 詰まって、とても長い渋滞を引き起こした (とりわけ北側の橋ができるまではこうであった)。 しかし問題はずっと前に解決された。 制御棟は車線制御システムも制御した。

2 つの橋の各々に 2 車線があり、朝と夕方の通勤時間には、 オーバーフロー車線が開放され、 一方向に交通が 3 車線となり、反対方向に 1 車線となった。

新しい橋とメアリー・ヒル・インターチェンジ計画

元々の橋はケーブル固定の橋で置き換わり、 メアリー・ヒル・バイパスとラヒード・ハイウェイの交差点が 信号機のないインターチェンジで置き換わった。 2009 年 10 月 4 日に、 新しい橋の 4 車線が一般交通に公開され、 まもなく西向きの 3 車線と東向きの 4 車線に拡張した。 新しい橋は将来的に車線の割り当てを変更できるように設計され、 これには 8 番目の車線と (電車、地下鉄などの) 高速輸送が含まれる。 橋は水上交通用に 16 m までの垂直余地を与えている。 新し橋の構造は、それ以前の古い橋の中間に作られ、古い橋はまもなく取り壊され、 すべての取り壊しは 2010 年 11 月 22 日に完了した。