ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fremont Bridge (Seattle) - Wikipedia

フリーモント橋: Google map 3D

フリーモント橋 (シアトル)
(Fremont Bridge (Seattle))

フリーモント橋は二枚リーフのバスキュール橋で、ワシントン州シアトルのフリーモント掘割 (cut) にかかっている。 橋はフリーモント・アベニュー・ノース (Fremont Avenue North) の通りと 4 番アベニュー・ノース (4th Avenue North) の通りを接続し、 フリーモントの近郊とクイーン・アン (Queen Ann) を接続している。


フリーモント橋
ジョージ・ワシントン記念橋から見る

フリーモント橋は 1917 年 6 月 15 日金曜日に $410,000 の経費で開通した。 橋を横断した最初の交通は 「夜の車」 (owl cars) で、 トロリーバスの最終便であった。 同じ日の AM 5:00 以後に他の全ての交通に開通した。 船舶運河は 1917 年 7 月 4 日に落成し、開通日に混乱を引き起こした。 とうのは、この橋は運河を横断していたからである。 フリーモント橋は運河を横断する 4 基ある市のバスキュール橋の最初のものである; 他の橋は バラード橋 (1917 年)、 ユニバーシティ橋 (1919 年)、 モンレイク橋 (1925 年) である。 橋は 1982 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Hitoric Places) に追加され、市のランドマークにも指定されている。


1917 年 7 月 4 日のワシントン湖船舶運河
の開通日におけるフリーモント橋

30 フィート (9.1 m) の垂直余地しかないため、 フリーモント橋は平均して 1 日に 35 回開放する。 これにより、この橋は米国で最も頻繁に開放する可動橋となり、 世界で最も多忙なバスキュール橋の 1 つとなっている。 連邦政府の法律では、車両交通より、水上交通の方に優先権があるが、 フリーモント橋はラッシュ時に大半の水上交通に閉鎖している。

橋の青とオレンジの色は 1985 年の町の祭りの時に選挙で選ばれた。

2006 年、フリーモント橋に $4190万 の修復プロジェクトが実施され、 進入路と整備仕事場 (maintenance shop) が交換され、 更にはバスキュールを操作する 機械的・電気的システムが刷新された。 進入路は 2007 年 5 月に完成し、 テストは 2008 年の春まで継続した。 2014 年に市は橋の再塗装を開始した。

橋の開閉の動画 (10 倍速)