ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Saugatuck River Bridge - Wikipedia

ソーガタック川橋: Google map ストリート・ビュー

ソーガタック川橋 (Saugatuck River Bridge)

ソーガタック川橋はコネチカット州の橋で、ウェストポートでソーガタック川を横断し、 ルート 136 を通している。 橋は 1884 年に建設され、コネチカット州で現存する最も古い可動橋て、 国の歴史登録財に登録されている。 橋の全長は 87.5 m (287 フィート) で、 路面の幅は 6.1 m (20 フィート) で、 水面上 2.1 m (6.9 フィート) の最小垂直余地がある。 橋には平均して 1 日当たり 16,000 台の車両が通っている。 2007 年に、橋はウィリアム F. クリバリ記念橋 (William F. Cribari Memorial Bridge) と名付けられた。


ソーガタック川橋
歴史

1746 年にウェストポートの近くでソーガタック川を横断する交通を通すために、 渡し舟が設置され、 1807 年に、渡し舟は昔のコネチカット有料道路の一部分として橋で交換した。 1857 年までに、この橋を交換する必要が明らかとなり、 町は 1869 年に全額で $22,500 を出費して、この場所に木造の橋を建設した。 橋 (の建設経費) が完済される 10 年以内に、 フナクイムシ (shipworm) により、橋がほとんど渡れなくなり、 ウェストポートはソーガタック川に別の橋を建設しなければならなくなった。 5 年後の 1884 年に町はニューヨーク、バッファローのユニオン橋梁会社と契約を結び、 錬鉄製の橋を建設させた。 ユニオン橋梁会社は優れていたが短命の旋回橋建設の開拓者で、この会社のみが入札した。 新しい橋の建設費は $26,700 で、フナクイムシがはびこる 1869 年の木造橋の残骸の取り壊し費用の $326 を含んでいなかった。 この橋はコネチカット州に現存する最も古い可動橋である。 可動橋は水上交通を簡単に通過させることができ、 これは当時の地域経済には重大なことであった。 橋には東側の固定された 144 フィート (44 m) の進入スパンと手動クランクで動かす可動スパンがあった。 どちらのスパンもピンで接続した錬鉄製の通り抜けプラット・スパンであった。

橋は初期の鉄製の可動橋の実例として 1987 年 2 月 12 日に国の歴史登録財に登録された。 橋はユニオン橋梁会社の社長のチャールズ・ケロッグ (Charles Kellog) と子息のチャールズ H. ケロッグ (Charles H. Kellog) によりデザインされた。 橋は 19 世紀のウェストポートの町の歴史的発展 -- とりわけ海洋交易 -- において極めて重大であったことも注意すべきである。 水上交通の重要性により、 町はこのような交通を妨げない橋を建設する余分な努力と出費をする必要があった。


米国コネチカット州ウェストポートのソーガタック川から見るパノラマ