ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Spuyten Duyvil Bridge - Wikipedia

スパイテン・ダイヴィル橋: Google map

スパイテン・ダイヴィル橋
(Spuyten Duyvil Bridge)

スパイテン・ダイヴィル橋は旋回鉄道橋で、ニューヨーク市のマンハッタンとブロンクスの間の スパイテン・ダイヴィル川 (Spuyten Duyvil Creek) にかかっている。 エンパイア・コリドー (下の訳注参照) を走るアムトラックの列車が通る橋は、 マンハッタンの北端にあって、ここでスパイテン・ダイヴィル川がハドソン川と合流する。 橋はヘンリー・ハドソン橋のおよそ 1000 フィート (300 m) 西にある。 橋は複線を通すように建設されたが、今では橋の東側の単線のみが通っている。

訳注
  1. エンパイア・コリドー (帝国回廊、Empire Corridor) はナイアガラの滝とニューヨーク市を結ぶ鉄道のこと。 元々はニューヨークのターミナルはグランド・セントラル駅であったが、アムトラックがエンパイア接続をした時に ニューヨークのターミナルはペンシルバニア駅になった。 ニューヨーク州のことをエンパイア・ステート (帝国州) と呼び、エンパイア・コリドーとはニューヨーク州の回廊 (廊下) の意味。 下の図の赤の部分がエンパイア・コリドーです。
  2. スパイテン・ダイヴィル川とハーレム川は元々は別な川であったが運河により接続された。

サークル・ラインのボートが橋を越える。2014 年。

1849 年に 「ニューヨーク・ハドソン川鉄道」 によりスパイテン・ダイヴィル川を横断する木造の橋が始めて建設された。 現在の橋はロバート・ジャイルズ (Robert Giles) によりデザインされ、 1900 年に建設された; 橋脚は川底の杭の基礎の上に設置されている。 橋を通る列車 (の運行) は 1982 年に中断し、 翌年に橋は船舶により損傷し、閉鎖できなくなって放置された。

橋は 1980 年代末に修復されて、アムトラックのエンパイア・サービスが 1991 年 4 月 7 日 スパイテン・ダイヴィル橋の使用を始めた。 これはエンパイア接続が完成した後のことであった。 エンパイア接続には見捨てられたウェスト・サイド線 (West Side Line) を乗客輸送ができるように変更し、 ペンシルベニア駅に接続することが含まれていた。 これ以前にはニューヨークとオールバニーの間のアムトラックの列車はグランド・セントラル駅を利用した。

毎日およそ 30 編成の列車が橋を通り、橋は年間で 1000 回以上開放される。 これは主に夏の間に、サークル・ラインの遊覧船 (Circle Line Sightseeing Cruise) とレクリエーション船舶 (recreational vessel) の理由である。

  1. 事件
  2. ギャラリー
事件
ギャラリー
空中からの写真にヘンリー・ハドソン橋
(手前) とスパイテン・ダイヴィル橋
南からハドソン川に沿った
橋の光景
旋回橋が開放した時の
ブロンクス側の端