ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

La Salle Causeway - Wikipedia

ラ・サル土手道: Google map 3D

コーズウェイ (causeway) の意味には「背の低い橋」 の意味もありますが、 ここでは元々の土手道の意味です。

ラ・サル土手道 (La Salle Causeway)

ラ・サル土手道は土手道で、これによりハイウェイ 2 がオンタリオ州キングストン (Kingston) でカタロックウェイ川 (Cataraqui River, リドー運河の南の入口) を横断している。


土手道と橋、西を向く。
訳注
Cataraqui River の発音は (/ˌkætəˈrɒkweɪ/) です。この発音記号は IPA for English によるものです。 この発音は Cataraqui Riverに載っている発音です。

3 基の橋が土手道に組み込まれ、中央のものがシュトラウス・トラニオン・バスキュール橋であり、 これはジョセフ・シュトラウス (Joseph Strausss) によりデザインされたものである。 彼はサンフランシスコの金門橋のデザイナーであった。

ラ・サル土手道は ルネ=ロベール・カバリエ, シアー・ド・ラ・サル (René-Robert Cavelier, Sieur de La Salle) にちなんで名付けられ、彼は 1673 年にフロントナック砦 (Fort Frontenac) の建設を監督した。 この場所は現在の土手道の西端である。

訳注
  1. シアー (Sieur) はフランスの knight (ナイト、騎士) に対応するもの。
  2. René-Robert Cavelier, Sieur de La Salle の発音の仕方
歴史

この川を横断する輸送の最初の試みはスカウ船型式 (Scow) のケーブルで操作する渡し舟 (ケーブル・フェリー) であり、1786 年に操業を開始した。 2 隻の手漕ぎのボートもしばしば同様に使用できた。

1826 年に 「カタロックウェイ橋梁会社」 が作られ、 「長さ 1800 フィート、幅 25 フィートで石の橋脚に建設される」 木造橋が建設されることになった。 カタロックウェイ川橋は 1829 年に開通した。 通行料が橋の西端の料金所で徴収され、歩行者は 1 ペニーを課せられたため、橋は一般に 「ペニー橋」 と呼ばれた。 可動橋により、大きな船が通り抜けることができた。可動橋はまもなく、操作が容易な旋回橋で置き換えられた。


カタロックウェイ橋と料金所、1900 年頃
エラ・イザベル・フレーザー (Ella Isabel Fraser)
(1856 年 - 1943 年) による水彩画

1917 年にペニー橋は土手道で置き換えられ、 この土手道には 3 基の橋があった。2 基が土手道の両側にあり、 中央がリフト橋であった。 これらの橋で元々の中央のリフト橋が残り、土手道の東端と西端の鋼の橋は、それぞれ 1962 年と 1963 年にコンクリートの橋で交換された。