ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Rock Island Swing Bridge - Wikipedia

ロック・アイランド旋回橋: Google map、 フォト・スフィア: その 1 その 2。冬には閉鎖されるらしい。

ロック・アイランド旋回橋
(Rock Island Swing Bridge)

ロック・アイランド旋回橋は、かってミシシッピ川にかかっていた旋回橋で。 ミネソタ州インバー・グロープ・ハイツ (Inver Grove Heights) とミネソタ州セント・ポール・パーク (St. Paul Park) を接続していた。 橋にはミネソタ州ニューポートに至る支線があったためニューポート鉄道橋とも呼ばれ、 また以前の所有者であるシカゴのジョアン・ローマン (Joan Roman) と アル・ローマン (Al Roman) にちなんで J.A.R. 橋とも呼ばれていた。 橋はミシシッピ川の数少ない 2 階建ての橋の 1 つで、 2 階はかって鉄道交通に利用され、1 階はかって道路交通に利用された。 これはミネソタ州で数少ない有料橋の 1 つで、最後まで残っていたものの 1 つであった。 橋は 1980 年に鉄道交通に閉鎖され、 1999 年に道路交通に閉鎖された。 閉鎖後、橋は 10 年間、開放状態であったが、 2009 年に部分的に取り壊された。 橋はリクリエーション用の桟橋に転換され、 2011 年 6 月 11 日に一般に公開された。


ロック・アイランド旋回橋
歴史

橋は 1895 年にピッツバーグ橋梁会社により建設された。 橋は元々サウス・セント・ポール・ベルトライン鉄道 (South St. Paul Beltline Railroad) が近くのミネソタ州サウス・セント・ポール の家畜置き場を シカゴ、バーリントン (Burlington) とクインシー (Quincy) を結ぶ郵便鉄道及びミルウォーキー道路に 接続するためのもので、 これらの鉄道・道路はミネソタ州ワシントン郡のミシシッピ川の東岸を走っていた。

橋は以前にはシカゴ・ロック=アイランド・太平洋鉄道 (Chicago, Rock Island and Pacific Railroad) により所有され、1938 年までは有料橋で、それ以後は無料橋となり、 1980 年に会社が破産した。 これ以後は、地元の自動車交通は 7.5 マイル (12.1 km) 北の Wakota 橋に迂回するか、 18 マイル (29 km) 南のへースティングス橋に迂回する必要があった。 最初の Wakota 橋が 1959 年に建設されるまでは、この橋はミネソタ州セントポールのダウンタウンと へースティングの間の唯一の橋であった。

ギャングの ジョン・デリンジャーはダコタ郡 (Dakota County) の副保安官とニューポート (Newport) とセント・ポール・パークの銃撃戦の末、 インバー・グローブ・ハイツ (Inver Grove Heights) に逃げるために橋を渡ったことの証拠が少々ある。

シカゴのアル・ローマンは橋を購入して、 1982 年に再開通させた。これには個人が橋を所有するための特別な法律が必要であり、 橋はミネソタ州で数少ない有料橋の 1 つとなった。 1999 年の点検で 1 つの梁が荒れた状態であることがわかり、 それ以来自動車交通に閉鎖された。 橋の交換経費は少なくとも $1100万 と見積もられた。 J.A.R. 橋会社 (J.A.R. Bridge, Inc) は結局、完全点検の資金の助けをワシントン郡に要請し、 買い手を見つけることを望んだ。 しかし、ワシントン郡はこの考えを受け入れることがなく、 橋はあまりに古いので、これに更に金をかけることは的を得ておらず、 もしもこの地域に橋が必要であれば新しい橋を作ることを考えた。 この時点でローマンは $6500 の税金の滞納があり、橋を再開通させる展望を失ったため、 税金の支払いを完全に停止し、橋が差し押さえられた。 ワシントン郡は 2003 年に橋の管理をすることになった。

2006 年 6 月現在にミネソタ州ワシントン郡の当局者は橋の除去を調査した。 郡の技術者のドン・タイゼン (Don Theisen) は橋は 「ボルトの錆びたバケツ」 (a rusty bucket of bolts) と呼び、 橋はハシケの交通に危険であると言った。 除去費用は $500万 と言われた。

橋の東はセント・ポール・パークのマラソン・オイル (Marathon Oil) の大きな石油精製所に隣接していた。 ワシントン郡は東の進入道路を精製所の方向に向きを変え、まもなく閉鎖した。 セント・ポール・パークとニューポートにおける Wakota 橋プロジェクトの建設で、 ワシントン郡道路 22 と 38 はコースが変わり、今や橋に近づけなくなった。 地元の道路も変更され、 橋につながっていたかっての道は今ではゲートで遮断されている。

西の固定スパンを川の展望場所として使用する可能性があった。 というのはこれは提案されていた公園に近かったからである。 2008 年 10 月 25 日、西側スパンを巡る公開の周遊が開催され、 この問題に関しての意識の向上を図った。

橋は 2009 年/2010 年の冬に取り壊されることになった。 しかしながら、2008 年 11 月 24 日に、橋のすべての進入が禁止された。 東側スパンの 200 フィート区間が川の堤防に崩壊したからであった。

東側スパンの崩壊後 2 ヶ月以内に取り壊しの請負業者をすぐに見つけた。 橋の取り壊しは 2009 年 3 月 3 日に開始した。 橋がすでに崩壊したことと、 精製所が侵入者の取り扱いで困ることに終止符を打つために、 東側スパンは急いで取り除かれた。 東側スパンを取り除いた後で、 橋の旋回スパンが数日間短期的に閉鎖され、10 年の間に始めて閉鎖されたことになった。 3 月と 4 月にわたり、旋回スパンがゆっくりと取り壊され、橋の閉鎖機械が残され、 更には西側スパンの大半が残った。 4 月には西側スパンの 2 区間のみが残った。

橋をできる限り残す最後の試みが始まった。 2009 年 5 月に、一時停止命令が有効となり、2011 年 5 月まで更なる取り壊しが禁止された。

数多くの資金集めの努力と他の努力が橋を救った後に、 残りの区間はリクリエーション用の桟橋となり、橋の周辺の土地は公園となった。 完成したプロジェクトは 2010 年に公開される計画であったが、洪水がプロジェクトの工事を中止した。

工事は 2010 年 11 月 4 日に再開したが、 この時、元々の橋の 2 スパンに火災が発生し、橋の木造部が焼失した。 風が強かったため、火を消し止めるのに 3 時間かかった。 後に判明したことは、溶接のスパークが古い鉄道の枕木に引火し、火災の原因となった。 橋の路面はひどく損傷したが、幾つかの報道によると元々の鋼構造は、なお構造的に健全であるとのことであった。

橋の復元工事が 2010 年 11 月 8 日に再開された。 橋の古い路面が撤去され、新しいもので置き換えられた。 (色々な) 障害にもかかわらず、リボン・カットの儀式が 2011 年 6 月 8 日に開催され、 新しい桟橋と公園が 2011 年 6 月 11 日に一般に公開された。