ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Snow-Reed Swing Bridge - Wikipedia

スノー・リード旋回橋: Google map、 ストリート・ビュー: 橋の上 衛星写真

スノー・リード旋回橋
(Snow-Reed Swing Bridge)

スノー・リード旋回橋はフォート・ローダデール (Fort Lauderdale) 地域の最も古い橋の一つで、 フロリダ州に現存する数少ない旋回橋の一つである。 橋はフロリダ州フォート・ローダデールの 「サウスウェスト 11 番 (パーム) アベニュー」 (Southwest 11-th (Palm) Avenue) の 300 ブロックと 500 ブロックの間にあって、 セールボート・ベンド (Sailboat Bend) とリバーサイド・パーク (Riverside Park) の間にある。

11 番アベニュー旋回橋 フロリダ州における位置
  1. これ以前には
  2. 歴史
  3. 修復
これ以前には

一本の杭で支えられた木造の橋が サウスウェスト 9 番アベニュー (SW 9th Avenue) を横断していた。 1916 年に昔のアンドリューズ・アベニュー旋回橋が 11 番アベニューの横断に移動された。 ノース・フォーク沿いの住民が橋を要求したのであった。 これは 1924 年に新しい旋回橋と交換され、現在も定位置にある。

歴史

橋は、北西の橋台に取り付けられた銘板によると、1924 年から 1925 年にかけて建設されている。 銘板によると

フロリダ州フォート・ローダデール市
1924 年のオフィサー
R. G. スノー (R. G. Snow)、市長
市会議員  フランク・ストラナハン (Frank Stranahan)、委員長
ジョージ・ヤング (Geo. Young)、R. E. ダイ (R. E. Dye)、
J. A. ウォーレン (J. A. Warren)
1925 年のオフィサー
ウィル J. リード (Will J. Reed)、市長
...
ジャスパー・ローソン (Jasper Lawson)、事務
H. C. ディビス (Davis)、技術者
オハイオ州ウィルミントン (Wilminton) のチャンピオン橋梁会社により
1924 年 - 1925 年に建設

チャンピオン橋梁会社はトラス橋で良く知られた建築業者であった。 この橋にはおよそ 100 フィートのスパンのトラス橋である。 船舶に橋を開放する時は電動モーターが小歯車 (pinion) を駆動し、 小歯車が橋の基底部の環状歯車とかみ合う。 大きなレンチ (およそ 8 フィートの取っ手の付いた 8 フィートの深さのソケット) を使用して手動で開けることもできる。

1990 年代に橋を横断した犯罪の理由から、地元の人々の何人かは橋を取り除くことを求めた。

修復

橋は重要な修復のために、ほとんど 1 年近く閉鎖し、2010 年 1 月に再開通した。 請負業者は被害を受けた鋼の構造を取り換え、 新しい手すりを付け加え、機械システムと電機システムの格上げをし、 新しい操作小屋を建設した。