ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

New Richmond Swing Bridge - Wikipedia

ニュー・リッチモンド旋回橋: Google map アップされた写真

写真から分かるように、この橋は ウォーレン・トラスで且つポニー・トラスです。 ポニー・トラスに関しては トラス橋トラス橋/路面の型式を参照。

ニュー・リッチモンド旋回橋
(New Richmond Swing Bridge)

ニュー・リッチモンド旋回橋は 57 番ストリート橋とも呼ばれ、ミシガン州の 1 車線の旋回橋である。 アレガン郡 (Allegan County) のマンリアス・タウンシップ (Manlius Township) に位置し、橋はカラマズー川 (Kalamazoo River) にかかり、57 番通りとオールド・アレガン・ロード (Old Allegan Road) を接続している。 「ニュー・リッチモンド」 の名称はこの場所にあった同名の鉱山の町に由来している。

ニュー・リッチモンド旋回橋 ミシガン州における位置

橋は 1879 年に建設され、 この時はカラマズー川はミシガン湖から航行可能であった。

橋の 4 スパンは 429 フィート (131 m) に達している。 手動操作の旋回橋は 1925 年に至るまで使用された。 橋はミシガン州で最も古い金属トラスの橋で、州で最も長いポニー・トラス橋である。 この橋は米国で最も古い基幹道路 (highway) の旋回橋であるとも思われている。

安全の理由から 1979 年に車両交通に閉鎖され、橋は現在では歩行者用に使用され、 川の両側の公園への進入路である。

1998 年 4 月 1 日に、橋は国の歴史登録財に、構造 #98000273 として追加された。

旋回軸 (永久固定) 歴史記念碑