ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pelham Bay Bridge - Wikipedia

ぺラム湾橋: Google map 衛星写真、 ストリートビュー: 南の橋から アップされた写真

道路橋の方のぺラム橋をぺラム湾橋と呼ぶことがあるようです。 従って、この橋はぺラム鉄道橋と呼ばないと混乱が起きる。 どちらの橋もバスキュール橋です。

ぺラム湾橋 (Pelham Bay Bridge)

ぺラム湾橋はアムトラック・ハッチンソン川橋とも呼ばれ、 複線の可動な鉄道橋でニューヨーク州 ブロンクスでハッチンソン川を横断する 北東回廊を通し、 車両/歩行者用のぺラム橋の上流にある。 橋は アムトラックに所有され、アムトラックは乗客輸送を提供し、 CSX トランスポーテーションとプロビデンス・ウスター鉄道 (Providence & Worcester Railroad) は橋を貨物輸送に使用している。


ぺラム湾橋

1907 年に完成し、2009 年に部分的に修復されたが、ぺラム湾橋は時代遅れで、 広範囲な保守を必要とし、速度が時速 45 マイルに制限されている。 持ち上げスパンには人が配置され、要求があれば橋を開く必要がある。 橋は商用ボートのために一日数回開けている。

アムトラックは水上交通に垂直余地がある背の高い (high level) 固定橋で交換することを計画している。 予備的な工事が 2013 年に始まった。 MTA (Metropolitan Transportation Authority, ニューヨーク州都市交通局) のメトロ・ノース鉄道はいわゆるヘル・ゲート線の列車が橋を使用することを提案し、 これにより何編成かの ニューヘブン線の列車が ニューヨークのペンシルバニア駅に進入できることになる。


ぺラム橋から見た光景、後ろにコープ・シティが見える。