ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Göta Canal - Wikipedia (イェータ運河)

地図も描きましたが、ベーネル湖内部の航路が不明なので、この部分は描いてありません。

イェータ運河の地図
イェータ運河 (Göta Canal)

イェータ運河 (Göta Canal) (スウェーデン語、Göta kanal) は スウェーデンの運河で、19 世紀初頭に建設された。 これは、614 km (382 マイル) 程に達する水路のバックボーン (背骨) で、 多くの湖と川を接続し、西海岸のイェーテボリ (Gothenburg) から、 バルト海の岸のサードルシェーピング (Söderköping) を接続し、 イェータ川 (Göta älv) とトロルハッタン運河 (Trollhätte kanal) を経由して、 大きな湖であるベーネル湖 (Vanern) とベッテル湖 (Vattern) を通り抜けている。


地図はイェータ運河のルートを暗青色で示している。
これにはイェータ川とトロルハッタン運河が含まれている。

運河自身は 190 km (118 マイル) の長さで、 このうち 84 km (54 マイル) が掘削・爆破され、 幅は 7 - 14 m (23 - 46 フィート) の間を変化し、 最大の深さはおよそ 3 m (9 フィート) である。 運河には 58 基の水門があり、収容できる船は 32 m (105 フィーt) の長さ、7 m (21 フィート) の幅、2.8 m (9 フィート) の喫水である。 イェータ運河 (Göta Canal) はスコットランドのカレドニア運河の姉妹運河であり、 この運河もトーマス・テルフォードにより建設されている。 運河には「離婚運河」のあだ名がある。 これは夫婦が自分たちで多くの水門を航行しようとするときに、 耐えなければならない多くの問題から名付けられた。

  1. 歴史
  2. 水門
歴史

南スウェーデンを横断する運河の考えは、 1516 年までさかのぼり、リンシェーピング (Linköping) の主教である Hans Brask により 早くも 1516 年に提案されている。 しかしながら、Brask の提案は 19 世紀の初頭に至り始めて、 ドイツ生まれの海軍の将校である Baltzar von Platen により行動に移された。 彼は計画を組織し、必要となる資金的・政治的な支持を得た。 彼の計画は政府と新しい国王 カール 13 世 (Charles XIII) の熱狂的な支持を引き付け、 国王は運河がスウェーデンの近代化を始動する一つの方法と考えた。 Von Platen 自身も 1806 年に運河の現代化の効力を激賞し、 鉱業や農業などの産業は「国を通り抜ける航行路」により恩恵をこうむると主張した。

訳注
Google map: リンシェーピング (Linköping)

リンシェービングの近くのバリイ (Berg) の水門。
ロクサン (Roxen) 湖に降下している。

計画は 1810 年 4 月 11 日に、(スウェーデン貨幣で) 2400 万リクスドーラル (riksdalers) の予算で発足した。 これはこの当時までスウェーデンが着手した土木工事で最も大きなもので、 5,8000 人以上の労働者により 22 年間の努力が必要であった。 多くの専門的技術と装置は外国から取り寄せる必要があり、 とりわけ英国から取り寄せた。 英国における運河システムは当時世界でもっとも進展したものであったからである。 スコットランドの土木技術者であるトーマス・テルフォードは運河の初期の計画を 進展させ、1810 年にはスウェーデンに赴いて、 ルートの初期の工事の幾つかを監督した。 多くの他の英国の技術者と名工が計画で支援をするために連れ込まれ、 更には大量の装置が -- ツルハシ、ショベルや一輪車などの明らかに平凡なものでさえ -- 持ち込まれた。

イェータ運河は 1832 年 9 月 26 日に公式に開通し、 このイベントは画家の Johan Christian Berger が 彼の作品「1832 年の 9 月 26 日のイェータ運河の開通」で祝している。 Von Platen 自身は運河の完成を見るまで生きることはなく、 完成の数年前に亡くなっている。 しかしながら、運河は経済的には成功ではなかった。 1855 年の鉄道の到来により、運河は余剰のものとなった。 列車は乗客と物資をずっと早く運ぶことができたからであり、 冬には閉鎖しなくてもよかったからである。 冬のせいで運河は 1 年の 5 ヶ月間は通行できなかったのである。 1870 年には、運河の物資の輸送はかさばる 3 種類の貨物 -- 森林製品、石炭、鉄鉱石 (これはどれも速く運ぶ必要がない) -- に減少してしまった。 これ以後、交通量は停滞し、回復することがなかった。


1916 年建設のリラ・エディット (Lilla Edet) の水門。 西向きの行程では最後の水門。
元々の水門は 1607 年に開通し、スウェーデンでは最初の水門であった。

運河建設のための Hans Brask 司教の元々の正当性には、 やっかいな海峡税があり -- これはスウェーデンとデンマークの間の 狭いエーレ海峡 (Øresund) を通過するすべての船舶に デンマーク=ノルウェーが課した税金である -- 更にはハンザ同盟との問題があった。 運河はバルト海を行き来する船がエーレ海峡を迂回し、デンマークの税金を回避することを可能とした。 1851 年に貿易商 アンドレ・オスカー・ヴァレンベリ (André Oscar Wallenberg) は 「スウェーデン運河蒸気船通過交通の会社」 (Company for Swedish Canal Steamboat Transit Traffic) を設立し、 英国からロシアへ運河を経由して物資を輸送しようとした。 しかしながら、 サンクトペテルブルクからムータラ (Motala) を経由して ハル (Hull) に至る輸送は たった 2 回実施しただけで、クリミア戦争が英露貿易を停止した。 戦争が終わった後で、幾つかの大国がデンマークに圧力をかけて、 400 年の伝統がある海峡税を終結させ、 これによりエーレ海峡の代替としての運河の有効性を一撃で消し去った。

運河にはもう一つ重要な産業遺産「ムータラ工房」 (Motala Verkstad) がある。-- これはムータラ (Motala) に設立された工場で、クレーンや蒸気浚渫機のように 運河の建設で必要であった機械を製造した。 この施設は、しばしば 「スウェーデンの技術産業のゆりかご」 と言及される。 運河が開通した後は 「ムータラ工房」 は新しく建設された鉄道のために装置、蒸気機関車、 車両を製造することに焦点を置き、鉄道技術の伝統を開始し、 ASJA (スウェーデン鉄道ワークショップの航空機部門、AB Svenska Järnvägsverkstädernas Aeroplanavdelning) の形で今日まで継続し、 これは リンシェーピング (Linköping) の航空機製造業者である SAAB により買収された。

トロルヘッタン運河

トロルヘッタン運河 (Trollhätte Canal) (スウェーデン語:Trollhätte kanal) はスウェーデンの運河で、 現在は イェータ運河 (Göta Canal) の一部となっている。 これは イェータ川 (Göta älv) とベーネル湖 (Vanern) を接続している。


トロルヘッタン運河、1865 年 - 1895 年頃の
アルビュメン・プリント (albumen print)

ベーネルマックス (Vänermax) クラスの船はこの運河を通り抜けることができる最大サイズの船である。 ボートがこの運河を横断できるための最大サイズは:

現代の使用

運河の一部は今でも貨物の輸送に使用されているが、 現在ではおもに観光客とリクリエーションの呼び物として使用され、 「スウェーデンのブルー・リボン」 (Sveriges blå band) と称している。 およそ 200 万人の人がクルーズ船や関連した活動で毎年運河を訪れている。

水門

スウェーデンの東海岸からベーネル湖に至るまでの水門は次のようになっている: (落差はメートル値)

ベッテル湖 (海抜 88 m)

ビーケン (Viken) 湖、運河で最も高い場所

ベーネル湖 (海抜 44 m) の後はトロルハッタン運河となり、イェーテボリとスウェーデン西海岸に至る。

訳注
  1. 水門の落差は 3 m 以内で、それよりも落差が大きいものは階段水門で、 何層になっているかも落差からだいたい判断ができます。 Sjötorp の例からもわかるように連続水門は 1 まとめにしていません。 上の水門の位置は イェータ運河の地図に書き込んであります。 ネットを検索すると、水門の位置をグーグルの地図に書き込んである頁があったので、 それを参考にしました。とりわけゲートが開放状態になっている水門では衛星写真から 位置を特定することが不可能でした。また衛星写真が不鮮明な場合 (Forsvik) も水門の位置を書き込んであるページを参考にしました。この場合にはストリート・ビューが 有効となっていたので、水門の位置を再確認できました。
  2. スウェーデンの地名のカナ表記がグーグルの地図にほとんど記載がありません。
    Swedish-English dictionary
    Forvo
    が少し参考になりますが、発音をカナ表記するのはかなり困難です。 あとで Google 翻訳ですべて発音が聞けることに気が付きましたが、聞き取れないものもありました。
    1. Söder (サードル) = south = 南
    2. köping (シェーピング) = markettown
    3. nedre (ネードル) = under = 下
    4. övre (ウーブル) = over = 上
    5. nors (ノーシュ) = smell = 匂い
    6. holm (ホルム) = little island
    7. torp (トルプ) = homestead = 農家
    8. tå (トア) = toe = つま先
    9. Sjö (フェー) = lake = 湖
    10. norr (ノール) = north = 北
    11. kvarn (クバーン) = mill
    12. berg (バリー) = mountain = 山
    13. god (ゴート) = good
    14. högen (ハーゲン) = stack
    15. riks (リークス) = national = 国の
    16. hov (フォウ) = court
  3. スウェーデン語の Wikipedia も参考になることが書いてある。 英訳によると 「berg 連続水門」は 7 基からなる「カール・ヨハン階段水門」と 「Oskars 水門」と「 Karl Ludwig Eugen 水門」から構成されているとのことです。 以上は上記の水門に含まれています。