ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Menai Suspension Bridge - Wikipedia

「メナイ吊り橋」は世界最初の現代的な吊り橋です。

Google map: メナイ吊り橋、 ストリートビュー: 橋の上 (鎖はアイバー鎖と呼ばれる。)
メナイ吊り橋 (Menai Suspension Bridge)

メナイ吊り橋 (ウェールズ語:Pont Grog y Borth) は アングリシー島とウェールズ本土の間の道路交通を通している吊り橋である。 この橋はトーマス・テルフォードがデザインし、1826 年に完成し、 グレード I の指定建造物 (listed building) である。


ブリタニア橋の近くの A5 道路から
メナイ吊り橋を見る。
  1. 建設
  2. 後の歴史
  3. 周囲
  4. 文化における参照
建設

橋が 1826 年に完成するまでは、 島と本土の間には固定的な接続がなく、 アングリシー島のすべての出入りは、潮流が速く危険なメナイ海峡を越える渡し船によっていた。 アングリシー島の主な収入源は牛の売却で、 これを本土の市場 -- ロンドンを含む -- まで移動するために、 牛を水に追い込み、泳いで海峡を渡らせた。これは危険な習慣で、しばしば貴重な動物が失われた。 ホーリーヘッドはダブリンに最も近い場所で、従って、ダブリンに至る渡し船の主要な港の一つであったため、 技術者トーマス・テルフォードはロンドンからホーリーヘッドに至るルートの測量を完成することに従事し、 彼が提案したことは: 本土のバンガー (Bangor) の近くの地点から、メナイ海峡を越えて、 アングリシー島のポルセィスウィ (Porthaethwy) 村 (今ではメナイ橋村とも呼ばれる) までの橋を建設することであった。

訳注
Porthaethwy の発音はhistorypoints - Ynys y Moch, Menai Bridge で聞くことができる。

海峡の両岸が高く、流れが速いため、 海底の移動する砂の上に橋脚を建設することは困難であり、 よしんばこれができても、航行の邪魔になった。 そして、 当時の背の高い船を通すためには橋は十分に高くないといけなかった。 テルフォードは吊り橋の建設を提案し、彼の提案は議会によって受理された。

テルフォードのデザインによる橋の建設は 1819 年に開始し、海峡の両側に塔が建てられた。 塔はペンモン (Penmon, 地名) 石灰岩で建設され、中空で横断壁が付いていた。 次に 16 本の巨大な鎖のケーブルが登場し、各々 935 本の鉄棒から構成され、これが 176 m (577 フィート) のスパンを支えた。 製造時と使用時の間に錆びることを防ぐために、鉄は 亜麻仁油に浸され、後でペンキで塗った。 鎖は各々 522.3 m (1,714 フィート) の長さで、121 トンの重さがあった。 これらの支持力は 2,016 トンと計算された。 橋は 1826 年 1 月 30 日に大きな鳴り物入り (fanfare) で開通した。

後の歴史

道路は 24 フィートの幅しかなく、固定するトラスがないため、 すぐにも風で不安定となることがわかった。 メナイ橋の路床は W.A. プロビス (W. A. Provis) により 1840 年に強化され、 1893 年には木製の表面のすべてが、サー・ベンジャミン・ベイカー (Sir Benjamin Baker) のデザインした鋼の路床で置き換えられた。 長い間に、4.5 トンの重量制限は、増大する運輸業界にとって問題となることが判明し、 1938 年には橋を閉鎖することなく、元々の錬鉄の鎖が鋼の鎖で置き換えられた。 1999 年には橋が 1 ヶ月ほど閉鎖され、道路が再舗装され、構造が強化された。 この間にすべての交通は近くのブリタニア橋を経由する必要があった。

2005 年の 2 月 28 日に橋はユネスコ (UNESCO) の世界遺産の候補になった。 同じ日に橋の片側車線が 6 ヶ月間閉鎖されて一方通行となり、 交通は午前は本土に向かい、午後はアングリシー島に向かった。 2005 年の 12 月 11 日に橋は両方向に開通し、 65 年間で最初の主な再塗装が完了した。


メナイ橋が 2005 年 8 月に塗装中
周囲

アングリシー島海岸小道 (Anglesey Coastal Path) が橋の下を通っている。 橋のアングリシー島側にはアベルバン大参事 (Aberfan disaster) の犠牲者のが記念碑ある。

訳注
アベルバン大参事: 1966 年 10 月 21 日に起きたウェールズ、アベルバン村の近くの山上の巨大なボタ山が崩壊して村に押し寄せた。 この時 116 名の子供と 28 名の大人がなくなっている。 子供の犠牲者が多いのは中学校が埋まったため。大参事の現場は橋とは違う場所で、何故この橋に記念碑があるのか不明。
文化における参照

最も近くの集落はメナイ橋町である。 境界の柱と柵の中のメナイ橋町の姿が 2005 年に鋳造された英国の 1 ポンド硬貨の裏側に描かれている。 硬貨はエドウィン・エリス (Edwin Ellis) によりデザインされていた。

引用
白の騎士がアリスへ:
「すると私は彼の声が聞こえた、私はたった今
デザインを完了したばかりだから、
メナイ橋が錆びないようにするために
これをワインで沸かす
    --「タラの目」、鏡の国のアリス、ルイス・キャロル
有名なウェールズの詩
Uchelgaer uwch y weilgi - gyr y byd
Ei gerbydau drosti,
Chwithau, holl longau y lli,
Ewch o dan ei chadwyni.

    —Dewi Wyn o Eifion (David Owen) (1784–1841)

海の上の高い砦 -- 世界は
その車両をここで渡す
そして船。海のすべての船は
鎖の下を通る。

1840 年代のスタッフォードシャー
せっ器の皿に描かれた橋
J.L.リューネベリ (Runeberg) 家所有
夕方のメナイ吊り橋